猫のよだれがひどい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

猫のよだれがひどいとは

健康な猫は、ほとんどよだれをたらすことはありません。猫は口の中の病気に大変なりやすい動物です。そして、口の中に異常が生じると、痛みのためよだれが出ます。よだれは、口内に何かしらのトラブルが生じているサインなのです。原因となる病気で多いのは、「口内炎」と「猫風邪」です。また病気以外にも、歯にものが詰まったり、口のなかに何か刺さっているときに、よだれをたらすケースもあります。口をあけっぱなしで閉じられないときは、あごが外れている可能性もあります。猫のよだれは軽い病気ではないので動物病院での診察が必要です。

猫のよだれがひどいの症状

猫のよだれの原因は口内炎からくるものが大半を占めます。また、風邪などのウィルス性疾患の場合は、口や舌が潰瘍になることでよだれが出ます。これに加えて鼻水などの水分がよだれとして排出される場合があるため、よだれの量が増加してしまいます。また、歯垢が歯にたまることで歯周病が起こり、それによって増殖した細菌によって口内炎を起こしてよだれが増えてしまうこともあります。口に異物を含んでしまったストレスにより口内炎を発症することがあり、トゲが上あごに刺さっていたり舌に細い繊維質が絡まっていたりするとよだれが多く分泌されます。これらとは別によだれがひどい状況となる要因としては、何らかの疾患に罹患している可能性があります。熱中症にかかった場合、猫は体温上昇から開口呼吸を行って多くのよだれを流すようになります。また、口腔内の腫瘍といった重篤な病によって血が混じった粘着質のよだれを流す場合もあるので注意が必要です。また、ネコエイズや脳や神経異常、それに伴うてんかん、さらには食べ物などの中毒によってよだれがひどくなる場合があります。

猫のよだれがひどいの原因

具体的に考えられる主な原因は・口内炎・歯周病・口腔ないの悪性腫瘍・異物を飲み込む・あごの骨の骨折・脳や神経の異常・猫エイズウイルスや猫白血病ウイルス感染による免疫力の低下・熱中症などさまざまなものがあります。

猫のよだれがひどいの予防/治療法

よだれがひどい、とまらない場合は放置せず、病院で診察を受けるよにしましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください