猫のふるえ、けいれん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

猫のふるえ、けいれんとは

飼っている猫が、突然ふるえたり、けいれんを起こしたような場合はあわてずに症状を確認して、毛布などでやさしく包んであげます。そして静かな場所で安静にしておきます。普通は数分でおさまるはずです。収まったら、動物病院に連れて行ってあげましょう。けいれんを起こす原因として考えられるのは、低体温症・心臓発作・脳や神経の病気・頭部のケガ・てんかん・先天的異常・内臓の病気などです。他にも毒物を食べてしまったときなどもひきつけを起こします。原因にかかわらず非常に重大な病気ですが、事前に兆候が現れることが少ないので、注意していても事前にはなかなかわからないことが多いです。起きた後は、なるべく早く対処してあげなくてはなりません。

猫のふるえ、けいれんの症状

体がふるえる原因は、寒さや衰弱のため体温低下が見られるときや骨折や内臓破裂など大けがをしている、有毒物質を食べたなどが考えられ、いずれも危険な状態です。しかし、ほかにも脳の病気(てんかん、脳炎など)先天的な中枢神経の異常、心臓発作、低カルシウム血症、低血糖、腎臓病、肝臓病、がんなどが原因でけいれんを起こします。

猫のふるえ、けいれんの原因

考えられるおもな原因は・低体温・骨折・内臓破裂や交通事故による重度のけが・脳、神経の病気・頭部のケガ・てんかん発作・脳炎・脳、神経の先天性異常・心臓発作・低カルシウム血症・低血糖症・腎臓や肝臓の病気・尿毒症などさまざまなものがあります。

猫のふるえ、けいれんの予防/治療法

原因の多くは生命の危険をはらんでおり、飼い主が愛猫にしてげられることは限られてきます。猫も大切な家族の一員ですから、普段から健康状態には気をつけて、できることはなるべくやってあげましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

猫のふるえ、けいれんの相談