猫の目やに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

猫の目やにとは

猫は比較的正常でも、目やにや涙が見られることが多いです。ただし、いつもよりも大量に目やにや涙が出る場合、目の病気である可能性があります。目ヤニが増える原因は炎症によるものですが、これは風邪症状やケンカによる目のケガ、アレルギー反応によるものなど様々あります。軽いものでは、軟らかいガーゼなどでやさしくふき取るだけでも治ることもありますが、風邪やケガなど炎症が重度の場合は点眼薬、内服薬など治療が必要となります。

猫の目やにの症状

目ヤニが増えたり、いつもと色が違うなど異常が見られた時には、まずは、目ヤニの状態、まぶたや眼球に傷がないか確認することが大切です。涙の中には水分以外の油分・粘液が層となっており、この粘液に代謝によって古くなった細胞や目に入ったゴミなどが混ざりできた老廃物が目やにとして出てきます。少量の目やには、正常な代謝活動によるものであり、普段は瞬きをする事で涙と一緒に流されます。ところが、細菌感染を起こすと、涙の中に濃が混ざったりします。また、アレルギー反応を起こしたり、目が傷つく事でウイルスが侵入し炎症を起こしたりします。その結果、目を守るための免疫反応の一つとして涙が大量に出ることがあります。また、時間が経つと二次的に細菌感染を起こすこともあり、濃状の目やにが出てきます。これが異常な目ヤニです。黄色や緑色、白っぽいねっとりした目やにだと結膜炎や細菌感染の疑いがあります。目を痒そうにしていたりするとわかりやすいです。目やにや涙が出る原因となる感染症には猫風邪と言われる、ヘルペスウイルス、カリシウイルス、クラミジアなどの感染症があげられます。これらは、くしゃみ・咳・鼻水・よだれなどで感染します。ヘルペスウイルスの場合、一度でも感染すれば、回復後もウイルスが神経細胞などに身を潜め、免疫力や体力が衰えた時に再発を繰り返すことがあります。さらに、ケンカで目に傷をする、目の周りの皮膚の痒みで自分でこすって傷をしてしまうなどして、目の表面を覆っている角膜が炎症を起こすとなります。角膜炎になると痛みがあるので、たいへん痛がり涙を流したり、細菌の二次感染を起こすと目やにも多く出るようになります。また、病気ではありませんが、鼻が低いペルシャやヒマラヤンなどの場合は、顔の構造による先天的な要因で目頭に涙が溜まりやすく目やにも多くなることがあります。

猫の目やにの原因

考えられるおもな原因として・ケンカによるケガ・目の病気・角膜炎・結膜炎・感染症などがあります。

猫の目やにの予防/治療法

目ヤニの色や粘りけ、量が増えたなど異常を感じて、拭いとってあげてもなかなか治まらない場合や、まばたきが増えて目を気にしているなどの様子はが見られる場合は早めに病院に連れていくようにしましょう。角膜に傷が入っていたり、猫のウイルス性風邪症状が原因の場合は悪化する可能性がありますので、早期発見・早期治療が大切です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください