犬のハインツ小体性溶血性貧血

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

犬のハインツ小体性溶血性貧血とは

ハインツ小体性溶血性貧血とは、ヘモグロビンが変性を起こしたり結晶化して赤血球が破壊され、血中の赤血球が不足してしまうことが原因で起こる貧血のことです。赤血球が壊されてしまう要因の代表的なものがタマネギであるため、タマネギ中毒と呼ばれることもあります。玉ねぎ以外にも「アスピリン」、「アセトアミノフェン」といった風邪薬に含まれる成分にも、同じ貧血を起こしてしまう効果があります。摂取から数日後に症状が現れるので、原因の特定が難しい場合もあります。

犬のハインツ小体性溶血性貧血の症状

ぐったりして元気がない、食欲がない、心臓の鼓動がはやくなる、嘔吐、下痢などの症状が見られます。目の結膜や歯ぐきなどの粘膜が真っ白になる、赤い尿や便、黄疸など、色の変化にも注目できます。慢性症状は肝機能の低下です。
玉ねぎをいくら摂取しても元気な犬、少量摂取するだけで死亡する犬もおり、個体差が大きいです。

犬のハインツ小体性溶血性貧血の原因

ハインツ小体性溶血性貧血は、玉ねぎやニンニクなどのネギ類、人の解熱剤や鎮痛剤、防虫剤、保湿剤などを犬が摂取することで起こります。これらの物質に含まれる酸化物質は、血液中のヘモグロビンに変性を起こしたり結晶化を促したりして、ハインツ小体に変えます。これによって赤血球が機能しなくなり、全身へ酸素をいきわたらせることができなくなる状態(貧血)になってしまいます。
主な原因として取り上げられる玉ねぎを摂取してからの症状の有無、程度は、犬種や個体によって異なりますが、体重1キログラム当たり20グラム以上摂取すると危険であるとされます。加熱した玉ねぎでも、原因成分であるアリプロピルジスルファイドは消えないので、カレーやハンバーグなどを与えたり、食べられたりしないよう注意が必要です。
中毒症状を起こしやすいと言われるのは柴犬や秋田犬です。これらの犬種は、ヘモグロビンの酸化を促すグルタチオンやカリウムをもともと血液中に多く持っているためです。

犬のハインツ小体性溶血性貧血の予防/治療法

主に原因物質を取り除くことによる治療ですが、薬物中毒の場合、別のお薬を投与する場合もあります。
ハンバーグやカレーなどのタマネギが入ったものを与えないこと、人間用の風邪薬を与えない事に注意すれば予防につながります。手作りの食べ物を与えている場合は十分に注意し、風邪薬は動物では届かないような場所に保管することが大切です。人間の気づかないところで拾い食いをしたり、人間が気づかずに有害な成分の混ざった食物を与えてしまうケースは多く、細心の注意を払う必要があります。症状が現れた時には、数日前の餌や人間の食事を思い出し、獣医に相談することでハインツ小体性溶血性貧血かどうかの判断が容易になります。治療としては、原因物質を取り出すことが有効で、摂取後2~3時間以内であれば、吐かせることも有効です。症状が重度の場合は輸血を行いつつ、胃洗浄を行うなどの措置もとられます。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください