犬の股関節脱臼

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

犬の股関節脱臼とは

股関節脱臼は、大腿骨が何らかの原因で骨盤から外れてしまうことをいいます。
股関節脱臼は特に犬に多いです。股関節脱臼とは股関節の骨盤と大腿骨をつなぐ靭帯が切れてしまい、大腿骨が股関節から外れてしまった状態です。

犬の股関節脱臼の症状

高いところから転落した拍子に股関節脱臼になってしまった場合は、激痛のあまり突然、激しく鳴いたり、うずくまったまま震えていたり、脚を地面につくことができなくなったり引きずるなど、正常に歩行することができなくなります。
じっとしているときでも、常に片肢を上げている、脱臼した肢が内側に入って膝が内側を向く、または肢が外側に向いてがに股になるなど、明らかに不自然なスタイルになっていることがあります。痛がる素振りを見せますが、我慢強いペットの場合はそのまま歩いてしまい、症状を悪化させてしまうこともあるので注意が必要です。痛みに慣れてくると動き始めるので、飼い主としては「たいしたことがなかった」と思ってしまいますが、少しでも歩き方がいつもと違っている場合は要注意です。

犬の股関節脱臼の原因

遺伝的に股関節の形成不全が原因となる場合や、交通事故や高いところから転落するなどの事故で骨や関節に強い力がかかって起きる場合、肥満が原因となる場合もあります。先天的なケースは特に大型犬に多い症状とされています。また、遺伝的な問題がなくても、成長ホルモンや骨を形成するホルモンの分泌障害や餌の成分にる骨の障害なども原因となります。

犬の股関節脱臼の予防/治療法

股関節脱臼の治療としては、軽度であれば消炎剤の処方と安静にし、麻酔後脱臼している関節を元の位置に矯正し包帯固定し、周囲組織が修復されるのを待ちます。
重度のものであれば、骨を固定する外科手術を行います。その後はリハビリ治療を行い適切な生活管理を行っていくことになります。レーザーなどの理学療法を行うこともあります。
予防として気を付けることには、肥満は脱臼を引き起こす大きな原因になるので適切な食事管理と無理のない運動により肥満にならないよう気をつける、床にはじゅうたんや滑り止め用のマットをひくなどして滑りにくくする、足の裏の毛を滑らないように短く刈る、高い所へのジャンプをできるだけさせないようにするなどがあります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください