犬の肛門周囲腺腫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

犬の肛門周囲腺腫とは

肛門周囲腺腫は、主に高齢で去勢をしていない雄犬に発生することが多い肛門周囲腺の良性腫瘍のことです。
肛門の周りの線組織に固いしこりができることによって、犬がしこりを気にしてお尻を舐めたり掻いたりするようになります。すると、肥大化した腫瘍の表面が破れて、出血や化膿が見られるようになり、潰瘍や細菌感染を引き起こすこともあります。さらに悪化してくると、排便が困難になってくることもあります。

犬の肛門周囲腺腫の症状

主な症状としては、かゆみが生じることがあるために、床にお尻を擦るようになります。また、肛門の周りにしこりができるということが挙げられます。これは、問題となることは少ないのですが、放置しているとやがて肛門が広がりすぎてしまうために、便が出にくくなってしまいます。そして、何よりも便秘が最もな症状としてあげられます。

犬の肛門周囲腺腫の原因

肛門周囲腺腫のはっきりした原因は、現在の時点では特定されていません。
考えられる原因として有力なのは、遺伝性によるものという説があります。
他にもストレス、便秘、肥満や高齢などが要因と考えられています。

犬の肛門周囲腺腫の予防/治療法

肛門周囲腺腫の発生は主に男性ホルモンが関係しており、去勢をしていないオスに発症する事が多い為、若いうちに去勢手術を受けさせておく事が発生の確率もかなり低くできる最も効果的な予防方法とされています。しかし、ごく稀に避妊処置を受けたメスにも発症した例もあるので確実に予防できるものではないようです。
腫瘍を摘出することによって改善できますが、しこりがあまりにも多い場合には去勢する必要があるために、上記の症状が見られる場合には早急な手術が必要となってきます。
腫瘍を切除しても再発の可能性が高い為、手術後も定期的に検診を受けるなどの注意が必要です。
可能な限り肛門部を清潔に保ち、命にかかわる可能性は低いとされている病気ですが、放置すると腫瘍の転移や排便困難により他の病気を併発させる可能性もありますので、速やかに病院を受診することが大切です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください