犬の皮脂腺腫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

犬の皮脂腺腫とは

皮脂腺腫は、皮脂を分泌する腺細胞の良性腫瘍です。
患部がドーム型に腫れたり、小さな腫瘤がたくさんできることもあります。見た目は悪性の腫瘍と判別がつきにくいため、良性か悪性かの判定のため、皮膚に変化を認めたら、すぐに病院で検査をすることが推奨されます。

犬の皮脂腺腫の症状

皮脂腺腫の症状は、皮膚内の毛根部分に皮脂腺がつまり中で化膿を起こしたり、しこりとなって現れます。小さなつぶつぶとした腫瘤が皮膚にたくさんできることが多く、腫瘤は盛り上がったように腫れるため、飼い主が気がつくことができます。また、まぶたにできることもあり、これはマイボーム腺腫と呼ばれます。複数の腫瘤が集まってできるのでその部分の皮膚はドーム型に脱毛します。
皮膚以外の症状はほとんどありませんが、腫瘤を引っ掻いてしまって皮膚の表面が炎症したり、感染を引き起こすことがあります。腫瘍は良性なので転移についてあまり心配ありませんが、局所部分の再発は多く、別の個所に新たに発生することが多いです。
皮脂腺腫は皮脂の分泌する線がつまりやすい10歳以上の老犬に多く症状がみられるという特徴もありますが、皮膚の弱いコッカースパ二エルやテリアにもよくみられる病気となっています。

犬の皮脂腺腫の原因

皮脂腺腫の原因は明確に分かっていませんが、皮脂の分泌が多い個体や皮膚バリア機能が弱い個体での発生がおおいことから、脂漏症や皮膚炎などが要因となることが考えられています。

犬の皮脂腺腫の予防/治療法

皮脂の分泌がスムーズになるよう皮膚の状態を良好に保つことが予防となります。
また、食事やシャンプー、サプリメントによる皮膚のメンテナンスが大事です。
この病気は外科手術で取り除きますが、同じ場所に再発する事がない代わりに、違う場所に新たに病巣ができる傾向があります。多発性の腫瘍のため、また別の場所にできる可能性もあります。老齢になってから発症することが多く、特に小型犬に発症しやすい病気です。
患部が増大しなければ切除せず様子を見る事もありますが、切除して病理検査に回す事によって本当にこの病気かどうかはっきりさせる事もできるので、違う病気である可能性も捨てきれない場合はやはり外科手術で切除するのが最良の治療方法です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください