犬の肝臓癌

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

犬の肝臓癌とは

肝臓癌とは肝臓にできる癌のことで、原因は発がん性化学物質への曝露などが考えられ、それらは家庭用の洗剤や農薬などに入っている可能性があります。また、食品添加物や人口着色料、香料などもペットフードをあげる時には注意が必要です。

症状は、嘔吐、体重減少、血便、貧血、黄疸などがあります。

治療法は切除するための手術や、化学療法などがあります。癌なのでほかの部位への転移を確認しておく必要もあり、早期発見がとても重要です。

犬の肝臓癌の症状

原発性の初期段階では、症状がほかの疾患と似ていて、「なんとなく元気がない」「なんとなく食欲が無い」程度のこともあります

犬の肝臓癌の原因

肝臓癌は、診断がつきにくい病気の一つで、サイレントキラーとも言われています。主に肝臓から発生する原発性と、他の臓器から転移する転移性に分けられます。重症化するまで症状がでないことが多く、早期発見がなによりも大切と言えるでしょう。

しかし、初期症状としては他の疾患と症状が似ていることが多く診断が難しいと言われています。そのため癌だとわかりにくく、症状が出るころには癌が進行していることが多くあります。癌が進行すると嘔吐、食欲喪失、体重減少、貧血、血便 黄疸(白目や皮膚などが黄色くみえる)など様々な症状が出てきます。さらに、肝炎や真菌感染症など様々な疾患の症状を引き起こす可能性もあります。

肝臓癌の原因としては、加齢や遺伝も考えられますが、発がん性科学物質である家庭用潜在や農薬などに含まれる毒素が関連してると考えられます。さらに、ペットフードに含まれる食品添加物や人工着色料、香料といった有害な化学物質が原因で引き起こされることも考えられます。

犬の肝臓癌の予防/治療法

ペットがかかる癌は何種類もありますが、肝臓癌はペットのかかる癌の中では比較的症例は少なく、治療しにくい癌の一つです。

予防法としては他の癌と同じく、体重管理がまず第一になります。肥満にならぬよう適正体重を保ち、庭の雑草などに使う除草剤などの化学物質に触れぬよう気を付け、食事や散歩を含めた規則正しい生活を送ることが何より重要でしょう。ペットの食事に含まれる添加物にも注意が必要です。また、飼い主との触れ合いを持ち、ペットを精神的に安定させることも予防の一つです。

治療法としては人間の場合と同様、手術による切除が基本になります。特に原発巣の場合、化学療法の効き目が弱いので、外科手術がもっぱら用いられています。転移性の癌の場合、抗癌剤による治療が行われる場合もあります。

人間でも肝臓癌は治りにくい癌として有名ですが、ペットの場合も同様です。日頃からペットの健康に気を付け、定期検診を受けるようにしましょう。近頃何となく元気がない 何となく食欲が無いなどのサインも見逃さないようにしてあげましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

犬の肝臓癌の相談

  • 犬の画像
    M.ダックス
    メス
    14歳

    末期の肝臓癌と診断されましたが、ステロイドのおかげか、食欲もあり、それなりに元気に暮らしています。 ただ、下痢が続き、腸の動きを抑える薬や、ビオイムバスター、ディアバスター、さらに腸の炎症を抑える薬など色々飲んでいます。 先生も手を変え品を変え、といった感じで、色々薬をだしてくれますが、よくなり… 続きを読む