犬の急性胃炎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

犬の急性胃炎とは

急性胃炎は胃の粘膜が刺激され炎症を起こした状態のことをいい、人間だけではなくペットにも起こります。ペットの場合は、散歩中に腐った食べ物や水を飲む、ゴミや危険な毒物を摂取するなどといったことが原因で起こります。

症状は、短期間に嘔吐を繰り返す、嘔吐物に血が混じる、腹痛や下痢を起こすなどがあります。吐くものがなくなっても吐く動作が治まらないことも多くあります。

治療は、絶食と絶飲をして傷ついた胃を休めたり、脱水状態になっている場合は輸液を行うなどがあります。

犬の急性胃炎の症状

急性胃炎は、様々な原因で引き起こされる病気です。胃の粘膜が刺激されてしまい、炎症を起こして、複数回、嘔吐を繰り返します。水を飲む回数が増えてしまうので、嘔吐が多くなりますが、その事によって、脱水症状や、吐いた物の中に血が混じることもあります。

胃の粘膜に炎症が起きてしまうために、胃に激痛が出てくるでしょう。腹部が緊張する事によって、強烈な吐き気を催してしまいます。食べた物だけでは無くて、胃液や、粘膜などについても、全て吐き出す動作を繰り返すのが特徴でしょう。ただし、吐く行為を繰り返して、吐き出す物が無くなっても、同じ動作を繰り返す事も多いです。腹部を触ろうとすると嫌がって、逃げるような素振り、あるいは怒りを示すケースもあります。

腐った物を食べた時には、細菌、あるいは毒素等が関係をして来ますので、重篤になる事も少なくありません。その場合には、生命の危険性も考えなければならないので、注意が必要となるでしょう。

犬の急性胃炎の原因

ペットの急性胃炎は摂取してはいけないものを摂取した場合が多くの原因になります。ペットの体に合わない食べ物や毒物、植物の誤飲や誤食によって引き起こされます。この場合は予めペットの口に入らないように閉まっておくことや拾い食いを防止することで予防することが可能になります。



また寄生虫が原因で引き起こされるケースもあります。代表的なものは回虫やフィサロプテラと呼ばれる胃の虫です。それに加えて、ジステンバーなどのウイルス性細菌の感染によって起こる場合もあります。

症状はよだれをダラダラと垂らしたり、突然反復性の嘔吐を繰り返すことや脱水症状が上げられます。また吐しゃ物の中に出血が見られる場合もあります。



このような症状が見られた場合には早急に動物専門医の受診を行い、誤飲の場合は誤飲物の除去や胃洗浄などを行います。

また、荒れた胃を休ませるために、絶食、絶水が必須になり、それに加えて嘔吐などで失われた体液を補う点滴などを行います。

犬の急性胃炎の予防/治療法

動物の急性胃炎を予防するには、ペットが口にしそうな異物を手の届く場所に置いておかない事と、食事の管理をしっかりする事です。そのためには最低限のしつけをし、拾い食いを防止する措置をとる事によってある程度は予防できます。

その他にもワクチンの接種を行って、感染症の予防につとめる事でも予防が出来ます。病院で処方された薬によっておこった時は、医師に相談して使用する薬品を変えてもらう事によって症状が改善する場合もあります。

この病気になった時の対処法は、絶食と絶水が最良の方法です。水は欲しがるようなら口を湿らせる程度の量ならあげても構いません。この状態を24時間続け、症状が改善してきた頃合いを見計らって少しづつ回復食と水を与えていきます。この時衰弱の度合いによっては、点滴を受けながら治療します。

他にももし異物が消化器官に詰まっていた場合は、生理食塩水によって異物を嘔吐させたり内視鏡や外科手術で取り除く場合もあります。その原因によって治療法が違ってきますので、必ず医師の診断を受けるようにしてください。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

犬の急性胃炎に関するコラム