獣医師への相談

食欲は旺盛なのですが痩せてきたので受診し、預けないでも出来…

相談者(58歳/女性)

犬の画像
ミニチュアダックス
メス
13歳

食欲は旺盛なのですが痩せてきたので受診し、預けないでも出来る範囲の血液検査をしたところ肝機能が悪く、 おそらくクッシング症候群とのことで、現在はウルソという肝臓の薬だけ飲んでいます。 鼠径ヘルニアのところも日に日に大きくなっています。
他の病院に行って精密な検査を受けるべきか、余命がさほど変わらないのであれば、このまま家で平穏に過ごすべきか悩んでいます。 今はそれなりに元気で、特に辛そうなところもありません。

獣医師からの回答

こんばんは。
返答が遅くなり申し訳ありません。

13歳という年齢もありますし、高齢で侵襲の大きい処置を望まない方もいらっしゃいますが、私は精密な検査を受けられることをおすすめします。
しかしその場合は病院に預けることが多く、時間も費用もかかりますし、精査することで必ずしもいい方向に進めるわけではありません。
精査する意味としては、エルちゃんの現状をしっかり理解することでどのように付き合っていくのか治療方針などの展望を決めていけることです。

この子にとって重要な点は、
①鼠径ヘルニアがあり、徐々に大きくなっている。積極的な治療を行うべきかどうかは精密検査をしないと判断がつかないことが多いです。しかし、その場合も治療可能であれば手術が必要となりますので、麻酔をかけるかどうかも考慮して頂く必要があります。

②クッシング症候群の疑いがある。本当にクッシング症候群なのか、出来る限り早く内服治療や手術が必要となることがあります。その場合の判断も精密検査が必要になります。

余命が変わるかどうかについてもエルちゃんの現状を把握しないことには判断が非常に難しいです。
私は仕事上検査をすすめますが、相談者様が気になることがなれば何でも聞いていただけたらと思います。

相談者(58歳/女性)

丁寧なご回答をありがとうございます。
詳しい検査を受けてみようという気持ちになりました。
その場合、インターネットなどで精査できる病院を探すのでしょうか? それとも今かかっている先生に紹介してもらうのが筋なのでしょうか? かかりつけの先生は、信頼できる方ですが、あまり積極的な検査や治療を進める方でなく、病院には検査機器などはありません。 エルにとって良い動物病院を探すコツを教えて下さい。

獣医師からの回答

かかりつけの先生があまり積極的な検査や治療をされる方ではないとのことですので、希望しても紹介してもらえない可能性があります。理由は相談者様のおっしゃられるように治療方針や人柄もありますし、地域性もあります。
私も紹介するということは少なからずありますが、紹介先は私が信頼できる先生のみにさせて頂いています。かなり遠方に紹介することもあります。

近くに大学病院や大規模な二次診療施設があるのであれば、現在のかかりつけの先生に相談して頂ければ紹介して頂けると思います。
近くにそのような動物病院がない場合には、相談者様がインターネットで探すのも一つですが、ブリーダーさんやトリミングサロン、近所のお散歩仲間の方など実際に行ったことがある方の話を聞くのが一番参考になるそうです。

現在のかかりつけの先生が信頼できるとのことですので、その先生に紹介して頂くかどうかは別としても、そのかかりつけの先生がどのような方針なのか一度しっかり話をする機会があるといいですね。

相談者(58歳/女性)

お悩み解決

とてもわかりやすいアドバイスをいただき、本当に感謝しております。
家族や、周りの人にも相談しながら、後々悔いが残らないようにやっていきたいと思います。 ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく見られているQ&A