犬のホーナー症候群

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

犬のホーナー症候群とは

ホーナー症候群とは、目の周辺の交感神経の障害によって、まぶたの垂れ、瞬膜(しゅんまく)突出、眼球陥没、瞳孔縮瞳(どうこうしゅくどう)などの症状を引き起こす病気です。

椎間板の異常、中耳炎や内耳炎などによって交感神経が傷つき炎症を起こすのが原因となりますが、多くの場合は突発性で原因不明です。

原因不明の場合は、自然治癒する場合も多く、原因がわかっている場合は、それらの治療を行います。

特別な予防法はありませんが、耳や眼に異常がないか日頃からチェックすることが大切です。

犬のホーナー症候群の症状

ホーナー症候群とは、別名ホンネル症候群とも呼ばれる神経障害の病気であり、首から耳に掛けて通っている迷走神経の異常が主な原因とされていますが、目の病気なのではないかと思うほど、症状は眼のみに表れます。

発症するとまずは目に異常があらわれ、症例のほとんどは片目のみに確認される事が多く、上まぶたが垂れ下がったり、縮瞳と呼ばれる瞳孔がとても小さくしぼんでしまう症状が出たり、第三眼瞼(だいさんがんけん)と呼ばれる眼の縁にいつも隠れている瞬膜が大きく腫れて眼の外に大きく露出する、といった特徴的な症状が確認できます。両目に起こる事はまれであり、また、この症状自体には痛みや痒みはないとされており、犬のしぐさには特に異常があらわれることは少ないようです。

また神経異常が、中耳や外耳が傷つき炎症を起こしてる事が原因となっている場合もあり、その場合は同時に前足の運動能力の低下や失調症を併発する事が多いので見た目でも判断する事ができます。

犬のホーナー症候群の原因

ホーナー症候群は、別名、ホンネル症候群とも呼ばれています。視覚障害を起こす病気で、目に異常があらわれ、目がくぼんだり、垂れ下がってきたりします。

通常は片目にだけ症状があらわれ、痛みもないので、特に、飼い犬に変わった様子は見られないことが特徴です。 → 症状に対する記載なので、削除してもいいと思われる

その原因として、チョークチェーンを強く引っ張ってしまったことや、交通事故などの外傷が考えられます。眼球やまぶた周辺の神経が何らかの力で遮断され麻痺して起こる症状で、腫瘍や脳脊髄が原因で麻痺が起きた場合は、前足に運動障害が起こります。飼い犬が、ホーナー症候群になった疑いがある場合は、基本的に内科的治療をおこないながら、経過をみていきます。別の病気や障害が原因となって発生している場合もありますので、原因を特定することが必要です。また、原因が不明の場合であっても、数ヶ月経てば自然に完治したという場合もあります。まずはかかりつけの獣医に飼い犬の状態を説明し、診察してもらうことが大切です。

犬のホーナー症候群の予防/治療法

ホーナー症候群とはホンネル症候群とも呼ばれる神経障害です。

症状としては瞳孔が小さくなったり、瞬膜が露出したり、まぶたが垂れ下がったりして目に現れることにになります。また、外耳炎や中耳炎によって神経が傷ついて炎症などを起こしている場合もあります。そして、こういった症状は多くの場合片方の目だけに現れることが多いです。 → 治療・予防と関係がなく前述と重複している為、不要なのでは?

治療法としては、多くの場合原因不明な場合が多いので、主に耳の病気、首の痛み、歩行異常などを調べ、神経学的検査を受け腫瘍の有無を見ます。そこからそれにあった治療を進めていきます。また、治療をしなくても数ヶ月で自然に治ることもあります。

予防としては、まず脳の異常が原因になることもあるので、普段の運動や行動に異変があると気づいたらすぐに病院に連れて行くことが一番大事です。また、リードが強く首に絡まったり、首に強い衝撃を与えたりすることで発症したりすることもあるので、散歩など気をつけながらするようにすることも大切です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください