犬の前房出血

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

犬の前房出血とは

ペットの前房出血は、角膜と虹彩の間にある「前眼房(ぜんがんぼう)」で出血がおこる病気です。

眼球が真っ赤になり、歩行が不安定になるなどの症状がみられます。

尖ったものが目にあたるなどの事故や怪我、先天性異常、慢性緑内障、寄生虫などが原因で引き起こされる病気とされており、

通常の場合さほど痛みはありませんが、ブドウ膜炎を併発している場合は激しい痛みが伴います。

普通は数日で治りますが、症状が重い場合、虹彩を開閉する治療をしなければならない可能性もあります。

犬の前房出血の症状

前房出血は、散歩中の交通事故や他のペットとの喧嘩で付いた外傷、血液や血管などの異常によって、前眼房内で出血が起きることによって前房部位が真っ赤になる、眼に違和感があるような素振りをみせる、歩行障害が発生するなどの症状があらわれます。症状が進行すると、視力低下や最悪の場合、失明し視力が戻らない場合もあります。

前房出血は角膜と虹彩の間にある前眼房で出血が起こった状態であるため、眼が真っ赤で驚きますが、見た目ほど痛みは伴いません。光が当たると、眩しさや痛みがあります。また、ブドウ膜炎を併発している場合は激しい痛みが伴います。

外傷が原因でない場合は、緑内障、網膜剥離(もうまくはくり)、ブドウ膜炎、白内障の術後、高血圧や酸欠、寄生虫、先天性眼異常、腫瘍性のもの などが原因で起こります。


軽い外傷の場合は数日で完治しますが、ペットの症状で、前足で眼を気にするしぐさや歩行が辛そうだったり、眼の出血がひどい場合などはすぐに治療を始めることが大切です。

犬の前房出血の原因

犬などの動物の角膜と虹彩の間にある前眼房という場所が出血し眼球が真っ赤になった状態を前房出血といい、出血が酷いと視力の低下により歩行が不安定になったりするので、早期の原因追究や治療などの対処が必要です。

前房出血の主な原因は事故や外傷によるもの、血管の先天異常・血液凝固障害・血管の弱化などの血管血液の障害によって引き起こされるもの、ブドウ膜炎・慢性緑内障・慢性網膜剥離などの目の疾患によるものなどがあります。

血液検査や眼圧検査、超音波検査などで検査し、外傷が原因の場合は止血剤や消炎剤などの内科的治療を行う場合がありますが、出血量の少ない軽症の場合はそのまま何もせずに様子を見れば血液が体内に吸収され、自然に治癒します。慢性緑内障やブドウ膜炎などの疾患により出血が見られる場合はまずその原因となる基礎疾患の治療を行い、場合によっては虹彩部分の癒着を防ぐため、瞳孔の大きさを強制的に開閉する処置を行うことがあります。

早期に対処することでペットの負担も少なく治療することができます。

犬の前房出血の予防/治療法

前房出血は、角膜と虹彩の間にある前眼房から出血する症状のことです。眼球が赤く充血するので、飼い主が気づきやすい症状と言えます。気がついたらすぐに医者へ連れていくようにしましょう。目が赤くなるので、とても痛そうな印象がありますが、出血量が少なければそのままにしておいても体内に自然に吸収されるので、それほど心配する必要はありません。

ただし、ブドウ膜炎などの他の症状を併発している場合には、痛みを伴うこともありますので油断は禁物です。

先天異常が原因で起こることもあるので、予め予防する為の明確な方法はありませんが、事故や外傷が原因となるケースもあるので、日々の生活の中で何かしらの問題が起きていないか見守ってあげることが大切です。

治療については、検査をしたうえで、外傷のある場合には、止血剤や炎症を抑える薬など内科的な治療を行います。また、外傷がなくても、目の病気を併発していることがあるので、その場合には症状に合った治療が必要になります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください