犬の眼瞼炎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

犬の眼瞼炎とは

犬の眼瞼炎は、まぶた(眼瞼)周辺に発生する炎症です。上まぶた・下まぶたを問わず起こりえる病気で、角膜炎や結膜炎などが同時に起こる場合もあります。

代表的な症状として、まぶた周辺が腫れて赤くなり、脱毛・痒み・痛が生じる他、まばたきや涙が増えることなどが挙げられます。炎症が酷くなると、湿疹や化膿の症状も現れます。

犬の眼瞼炎の原因は真菌や細菌、寄生虫への感染の他、逆まつげや眼瞼内反症といったまぶたの異常・外傷、アレルギーなど、実に様々です。

犬の眼瞼炎の症状

犬の眼瞼炎とは、まぶたの周辺が赤く腫れる病気です。上まぶたと下まぶたの両方で起こる可能性があります。炎症により痛みやかゆみを伴い、まぶたの毛が抜け落ちてしまう症状が発生します。

前足で眼をこするようなそぶりを見せたり、涙が多くなったりすると注意が必要です。めやにが溜まったり、まばたきの回数が増えるといった点もあります。よく観察すれば気づきやすい症状なので、悪化する前に獣医さんに治療してもらいましょう。

犬の眼瞼炎の原因には、まぶたへの傷が一例として挙げられます。トゲ刺さったり、虫に刺されたりすることで、炎症の引き金になります。結膜炎や角膜炎などの病気に引き継ぐ形で発症することもあります。細菌感染や天疱瘡など全身性の免疫の異常によって引き起こされる疾患によっても生じます。

治療方法は、点眼薬や内服薬の投与で炎症を抑えます。前足で眼をこすったりしないようにエリザベスカラーを付けることもあるでしょう。結膜炎などほかの眼疾患が原因となる場合は、元となる病気を直すことで治療につなげます。

犬の眼瞼炎の原因

犬の眼瞼炎は刺激のある物質が目に入った時や細菌の感染がある時に発症します。また、天疱瘡(てんぽうそう)やブドウ膜皮膚症候群など自己免疫疾患(じこめんえきしっかん)でも発症することがあります。

犬の眼瞼炎の予防/治療法

治療はまず眼瞼炎の原因を調べることから始まります。原因疾患の治療とともに、細菌感染を抑えるために抗菌薬の局所・全身投与や炎症を抑えるためのステロイド剤を投与することもあります。日ごろからわんちゃんとよくコミュニケーションをとり、いつもより顔を気にしていたり、まぶしそうに目をしぱしぱさせていないか注意してみるようにしましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください