犬のファロー四徴症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

犬のファロー四徴症とは

ファロー四徴症とは、先天性心奇形であり、心臓に肺動脈狭窄症、心室中隔欠損、右心室肥大、大動脈騎乗(本来は左心室から出ているはずの大動脈が右側に偏り、右心室と左心室をまたいでいること)の4つの奇形をもった状態を言います。体から送られてくる静脈血は右心房と右心室を通り肺動脈を経て肺に送られ、酸素が豊富な血液となって左心房と左心室を通って体へ送られます。この出口である肺動脈に狭窄があると右心室の圧が高まり、心室中隔を通じて左心室に酸素が十分でない血液が送られてしまいます。酸素化されていない血液は青っぽくみえ、これがチアノーゼと呼ばれる状態です。

犬のファロー四徴症の症状

ファロー四徴症を患った犬や猫は全く目に見える症状を出さないものから、同年代の犬猫よりも発育が悪かったり、息切れや元気がなくなるなどの症状を示したり、失神やチアノーゼ(舌などの粘膜が青紫色になる)を起こす症例まで様々です。

犬のファロー四徴症の原因

犬や猫ではあまり発症のみられない先天性疾患で、獣医師が診察した4,000頭に1頭の確立で発症しているといわれています。先天性の心奇形のうち犬では約3.9%、好発犬種としてはキースホンドやイングリッシュ・ブルドックが知られています。

犬のファロー四徴症の予防/治療法

ファロー四徴症は先天性のものであり、心臓が4つの異常をもつという重いものですが、イヌは遺伝的な要素が、ネコは不明のため主な予防法はみつかっていません。人間が先天性の心臓病を持つ場合には、手術で心臓の欠陥を治すことができますが、心臓の小さい動物については手術が難しいこと、そしてその手術に耐えることのできる体力を持たないことが多いため、手術による根本的な治療はあまりおこなわれていないのです。

軽い欠陥の先天性疾患であれば何事もなく一生を終えることもありますが、残念ながら、ファロー四徴症の場合、成長する以前に亡くなることも多く、治療は緩和と延命措置となります。
そこで、通常は現れている症状をやわらげるための対症療法をおこないます。また、チアノーゼなどの特徴的な症状に対応したり、心臓の負担軽減やその働きを助けるための薬を組み合わせて与えることがほとんどです。治療期間中はなるべく安静にさせて、体力を保たせるようにします。具体的には心筋の過剰収縮を軽減するためβ遮断薬を使用することがあります。外科手術では心室中隔欠損の閉鎖と肺動脈狭窄の矯正を行い、肺血流を増加させる手術が試みられます。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください