犬の心室中隔欠損症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

犬の心室中隔欠損症とは

心室中隔欠損症(VSD)とは、先天性の心奇形です。右心室と左心室の心室中隔の一部が欠損し、孔が残ってしまう病気です

欠損孔を介して血液が左心室から右心室に流入してしまい、重度になると、易疲労感や呼吸困難、嘔吐、乾いたような咳、食欲低下、発育障害などの症状が見られます。また、欠損孔が小さい場合、発育に伴い自然に孔が閉鎖することもあります。

欠損孔が小さい症例は無治療でも寿命を全うできることがあります。開心術により孔を閉鎖することが根治治療になります。

犬の心室中隔欠損症の症状

犬の心室中隔欠損症とは人にも見られる病気で、心臓の右心室と左心室の間にある壁に、生まれつき穴があいている状態をいいます。穴が小さい場合ははっきりした症状を見せないことがあり、成長するにつれて閉じることがあります。穴が大きいと心臓内の血流に悪影響が出て、咳をしたり少し運動しただけで息切れしたり、発育が悪いなどの症状を呈します。通常血液は開存した孔を通じ左心系から右心系に流入しますが(左右短絡)、重度になると右心系から左心系に血液が流入するようになります(左右短絡)。この場合は舌や結膜や包皮などの全身の粘膜が青紫色になるチアノーゼを示すことがあります。

犬の心室中隔欠損症の原因

犬の先天性疾患のなかで心室中隔欠損が占める割合は、6.2~15.2%と報告されています。イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルでは遺伝している可能性があるとされています。また、レイクランド・テリア、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア、イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルで多いと報告されています。

犬の心室中隔欠損症の予防/治療法

心室中隔欠損症は先天性の疾患であり、犬や猫のいずれでも発症することがありますが生まれつきとなってくると予防方法はほぼ存在しないということになります。生まれる前に判明すると言うこともありますが、だからと言って予防対策があるというわけでもないので、心室中隔欠損症に関しては治療方法を検討することが優先されています。

では、どのような治療方法があるのかというと、薬物療法・運動療法・食事療法があります。とは言え病気を治すための治療と言うわけではなく、いずれも症状の進行を抑えるもしくは状態を維持するためのものであり、完治させることは難しいと言われています。薬物療法では左心に負荷がかかっている状態では血管拡張薬や利尿薬、強心剤などを組み合わせて使います。右心の圧が高くなり、左心に血液が流れてしまう時は手術は禁忌になります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください