犬のケンネルコフ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

犬のケンネルコフとは

ケンネルコフとは伝染性の呼吸器疾患で、特定の原因菌があるわけでなく、ウイルスや細菌に感染して起こる咳を中心とする疾患の総称です。

ケンネルは犬小屋、コフは咳という意味で、咳やくしゃみの飛沫で感染するため、ペットショップなど犬が多頭で飼育している場所では広まりやすいといえます。

主症状は咳、呼吸困難、吐き気をもようしている、発熱など。感染したウイルスが一種類の場合は軽い症状で済むこともありますが、抵抗力のない子犬や老犬がかかった場合、またはいくつかのウイルスに混合感染してしまった場合だと成犬でも油断は出来ません。

犬のケンネルコフの症状

ケンネルコフは、犬の間で伝染する、ウイルスや細菌による鼻など上部気道に炎症を起こす伝染性疾患の総称です。主な症状は、しつこい咳・発熱・食欲不振、そして、くしゃみをしたり、透明な鼻汁あるいは緑黄色の鼻汁がみられることがあります。ウイルスによる疾患では透明な鼻汁ですが、そこに細菌が二重に感染することで緑黄色の鼻汁が出るのです。

犬のケンネルコフの原因

ケンネルコフは、犬パラインフルエンザ、犬アデノウィルス2型、気管支敗血症菌のようなウイルスや細菌に感染することが原因で生じます。空気感染するため、多数の犬が密集する場所で起こりやすいです。

犬のケンネルコフの予防/治療法

ケンネルコフは、肺炎などを発症していなければ、自然に治ることも多いので様子を観察するだけの場合もあります。しかし、重症化の可能性や危険性がある場合には、まず安静に過ごせる環境を整え、十分な栄養を与えます。また、強い咳がある時は、その症状に応じて、抗生剤や気管支拡張剤を与えるなどの処置を施します。

ケンネルコフは、研究されてから久しい犬の病気なので、その原因となるウィルスに対するワクチンが開発されています。ですから、この病気にかからないための一番の予防方法は、子犬の時に予防接種を行うことです。また、どの年齢であっても、定期的に健康診断を受けると共に、犬の居住空間を常に清潔に保つことも大切です。特に、冬期は、乾燥した空気がウィルスを蔓延させる原因となることがあるので、加湿を心がけることも大切です。

犬の場合、毎日のように散歩をするので、他の犬から病気をもらわないように気を付ける必要があります。公園で、くしゃみをしている犬や、色の付いた鼻水を出している犬には絶対に近づかないようにしましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

犬のケンネルコフに関するコラム