犬のレプトスピラ症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

犬のレプトスピラ症とは

レプトスピラ症とはレプトスピラという細菌に感染することによって罹る病気です。人獣共通感染症であり、ペットだけではなく人にも罹ることがあります。

最大の感染源はネズミであり、一生涯にわたり菌を排出し続けます。感染した動物の尿が水や土壌などの環境を汚染します。犬はこれらの水や湿った土や、口に入った食べ物を通じて感染します。皮膚や目の粘膜からも感染することが知られています。

感染しても症状が現れないこともありますが、発症した場合には黄疸や全身臓器の出血や腎炎など様々な症状を呈し、重症化することが多く死亡率も高い疾患となっています。また、家畜伝染病で届出伝染病に指定されているため、診断した獣医師はただちに行政に報告する義務があります。

レプトスピラ症の予防にはワクチン接種が有効であり、また感染源となりそうな場所へ近づけさせないことも重要です。

犬のレプトスピラ症の症状

レプトスピラ症に感染すると、数日間の潜伏期間の後に、風邪のような症状が出て自然に治る軽症のものから、腎機能障害や肝機能障害を起こす重症のものまであり、色々な症状が現れます。
   
主な症状の違いで大きく分けると、不顕性型、出血型、黄疸型の3つのタイプがあります。

不顕性型は、感染しているにも関わらず特に症状が現れず自然治癒します。そのため犬や猫が知らぬ間に感染源となり得ます。

出血型は、主にレプトスピラ・カニコーラというタイプによって引き起こされることが多く、嘔吐、高熱、血便、血尿、鼻血、吐血、目の充血、食欲不振、黄疸、口臭、尿毒症、口腔内潰瘍などの症状が現れ、2~4日で死に至る確率が高い型です。腎炎を起こすこともあります。

黄疸型は、主にレプトスピラ・ヘクテロヘモラジーというタイプによって発症するもので、肝臓が侵されるため黄疸が出るのが特徴です。他に高熱、震え、呼吸困難、点状皮膚出血、目の充血、歯茎からの出血などの症状が出ます。重度のものでは2~3日で死に至ります。回復しても犬では数カ月から数年にわたり尿中へ菌を排出し他の動物や人への感染源となってしまいます。

犬のレプトスピラ症の原因

レプトスピラ症は人や犬など多くの動物に感染する細菌性感染症です。レプトスピラという菌の7種類のタイプの菌が病原性をもっているとされています。原因となるこれらの細菌は淡水や湿った土の中に生息し、ドブネズミなどの野生動物を保菌動物としています。保菌動物の尿や糞などの排泄物によって汚染された水や土を通じて、イヌなどのペットなどに伝播します。

犬のレプトスピラ症の予防/治療法

レプトスピラは池、沼地、湿地など湿った環境中に生息しているためそのような場所には近づかせないことや、感染している犬やその他動物の尿に近づかせないようにし、飼育している環境を清潔に保ち乾燥させることが重要です。また、ワクチンも発売されているため予防には有効です。発症した場合は抗菌薬の投与を行い、症状に応じて、腎臓や肝臓の保護を行っていきます。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください