犬のイヌヘルペス感染症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

犬のイヌヘルペス感染症とは

イヌヘルペス感染症とは生後間もない子犬に感染・発症した場合高確率で死に至る感染症です。成犬は発病しにくく、ケンネルコフという咳を特徴とする疾患の原因の一つになります。

イヌヘルペスウイルスⅠ型が感染することで起こり、黄緑・緑色の下痢をおこし、母乳を飲まなくなり、他にも、嘔吐、よだれ、息切れ、肺炎の症状を引き起こすこともあります。

感染は母体から子どもへと感染するため、同時期に産まれた兄弟たちも感染の可能性があります。

対症療法として抗菌薬の投与や輸血をしますが、死亡率が高くウイルス自体に対する治療法はありません。1匹が発症した場合は他の兄弟も感染の可能性が高いので隔離します。発症した子犬は体温調節が困難で死亡することも多いため、体温維持のために保温を行います。

犬のイヌヘルペス感染症の症状

イヌヘルペス感染症は成犬では軽い鼻炎のような症状ですが、生後間もない2~3週間の子犬に感染すると、腎臓や肝臓、肺などの臓器を壊死させてしまう急性の病気です。
潜伏期間は1週間ほどで、食欲が低下するため母乳をあまり飲まなくなり、黄緑色や緑色の下痢をします。呼吸にも変化が見られ、苦しそうな息呼吸になり、肺炎に似た症状も出ます。時には、吐き気やよだれも頻繁になったり、嘔吐するケースもあります。

末期では水のような下痢となってしまい、母乳を全く飲まなくなります。母乳を飲めないため、運動もほとんどすることがなく、神経症状も現れてきます。最後には異常な奇声を発して、発症後3~7日で急死します。

死亡してから感染の確認がとれることもあり、同腹犬の1頭が発症した場合でもほかの同腹犬も感染しているとみて隔離を行い保温を行います。助かった場合にも、失明や難聴、脳障害などの後遺症が残ることが多い疾患です。

犬のイヌヘルペス感染症の原因

イヌヘルペス感染症は、イヌヘルペスウイルスによって引き起こされる感染症です。

イヌヘルペスウイルスは、世界中で見られるウイルスで特に珍しい物ではありません。イヌだけでは無くて、オオカミやコヨーテ等の、イヌ科の動物全般に感染するのが特徴です。

イヌヘルペス感染症にかかりやすいのは、まだ免疫力があまり無い子犬ですので注意が必要でしょう。時には致命的なダメージを与える事にもなります。原因としては、まだ、体温調節や、機能が不十分な場合、対応が出来ません。

感染経路は母犬の胎内に居る時、胎盤から感染するケースもあると言われており、他にも生まれる時の産道で、感染するとも考えられています。

犬のイヌヘルペス感染症の予防/治療法

ワクチンは日本では発売されていません。ヨーロッパでは妊娠犬に対するワクチンが市販されています。治療は対症療法が中心となります。二次感染を防ぐため抗菌薬の投与を行ったり、脱水がある場合には輸液を行います。体温を38.6度から39.4度に保つことで犬ヘルペスウイルスの増殖が抑えられたという報告があることから、保温器などを使用し体温を高く保つことが有効かもしれません。発症した子犬の死亡率はほぼ100%となっているので、感染させないようにすることがもっとも重要です。感染犬は隔離し身の回りの環境を清潔に保ち、他の犬に感染しないように心がけましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください