犬の間質性腎炎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

犬の間質性腎炎とは

間質性腎炎とは、腎臓にある尿細管という部位やその周囲の組織に炎症がある状態を指します。これは病理組織学的な診断名で、臨床的には急性腎不全や慢性腎不全どちらの疾患も引き起こす可能性のある原因の1つになります。腎不全の原因はほかにも腎毒性のある薬剤の摂取や、腎臓の血流が少なくなるなど、様々なものがあります。犬の間質性腎炎では細菌の1種であるレプトスピラ属の感染が知られています。治療はどの原因の場合にも、脱水を補正するための輸液療法や血管拡張薬などを使用し腎臓を保護していきます。

犬の間質性腎炎の症状

腎臓は血液をろ過し、尿素などの体に不要な代謝物をろ過して尿を生成したり、赤血球の産生を促進する物質を分泌したり、電解質や血圧の調整を行ったりと生命の維持に重要な役割を果たしています。腎臓の組織は大きく分けて血液をろ過し尿のもとを生成する糸球体と、ろ過された尿のもとから必要な物質や水分を再吸収する尿細管に分けられます。尿細管間質性腎炎はこの間質を中心とした炎症を指します。 尿細管間質性腎炎は臨床的には急性腎不全あるいは慢性腎不全の症状を示します。急激に腎臓の障害が生じた場合は急性腎不全に陥ります。初期は急激な元気消失、食欲不振、嘔吐、下痢を示します。尿は全くでなかったり、非常に少量のことがあります。それを耐え徐々に腎機能が回復してくると徐々に尿量は増加してきます。慢性腎不全では腎臓の痛み具合(病期)により症状がことなります。初期は症状を殆ど示さず中期に差し掛かると尿量が増える、体重が減少する、脱水や貧血により元気がなくなってくるなどの症状がみられるようになります。末期に近づくと尿量が減り、下痢、著しい削痩、意識障害などがみられます。

犬の間質性腎炎の原因

犬の尿細管間質性腎炎は、犬の慢性腎不全の原因としてもっとも多い腎臓の変化(病理学的診断といいます)と報告されています。犬の間質性腎炎の原因としては細菌の1種であるレプトスピラ属の感染によるものが知られています。この細菌に対してはワクチンが市販されており予防に有用です。他にアデノウイルスⅠ型感染症(犬伝染性肝炎)という肝臓の炎症などを引き起こすウイルス感染によっても引き起こされます。こちらのウイルスに対してもワクチンが予防に有効です。

犬の間質性腎炎の予防/治療法

腎不全は病期により様々な症状を呈します。早く治療を始め腎臓の保護を開始していくことが重要になりますので、何か変化があったらすぐに動物病院に連れて行ってあげてください。急性腎不全の時の治療は脱水や電解質の異常を補正するための輸液療法を行います。必要であれば抗菌薬の投与も併せて実施します。尿量が少ない時は、体内の老廃物を排出するため利尿剤を使用し尿の生成を促します。体内のpHに異常が見られる場合はその是正も行います。透析を行うこともあります。透析はお腹の中に透析液を入れ体内の老廃物を排出します。血液透析は機械が特殊で、犬や猫においては一般的な治療法ではありません。慢性腎不全の時も病期により治療法は異なってきます。輸液療法に加え、血管拡張薬などを使用し腎臓を保護していきます。貧血が見られる時はホルモン剤、下痢などの症状がある時は消化管保護薬も使用します。また、タンパク質を抑えて作られた腎臓療法食を与える食餌療法も重要です。慢性腎不全の犬や猫では尿量が多く脱水に陥りやすいので、絶えず新鮮なお水を飲めるように工夫してあげることも必要です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください