犬の水頭症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

犬の水頭症とは

脳には通常、脳脊髄液という体液が少量産生されています。水頭症ではこの脳脊髄液が何らかの原因で過剰に貯留してしまい、脳内圧が上昇するとともに脳の細胞が圧迫されることで起き、意識や知覚障害などを起こします。ビタミン欠損症や脳炎、外傷、感染症などが原因とされていますが、先天性の場合もあります。

水頭症の主な症状は、活動の低下や嗜眠などの他、歩き方がおかしくなったり、発作やてんかんなどを起こすこともあります。

内科療法(ステロイド・利尿剤の投薬)、外科療法(脳脊髄液排出のための手術)による治療法があります。

犬の水頭症の症状

頭症とは、脳や脊髄の周りを循環している「脳脊髄液」と呼ばれる液体が、何らかの原因で増えてしまい流れが滞ってしまう閉塞性タイプと、脳細胞が何らかの原因で壊れてしまったり、発育しなかった部分に脳脊髄液が貯まってしまう代謝性タイプがあります。どちらのタイプもウイルス感染や、頭部への外的要因による外傷や、脳腫瘍などで起こることがあります。

症状としては、おすわりやお手などを教えてもなかなか覚えないことや、普段からボンヤリしていることが多かったり日中帯でも寝ていることが多かったりする反面、突然怒りだし吠えたり、噛み付いたりすることもあります。また、部屋の壁にあたまをぶつけたり、歩行中に身体が左右どちらかに傾きグルグルと回りだしてしまうようなことがあり、てんかん様発作の症状も発生することがあります。
この病気は小型犬やパグなどの短頭種の犬に良く見られる病気で、普段から様子を観察し上記の様な症状がある場合は早めに動物病院に連れて行くようにしましょう。

犬の水頭症の原因

頭の中に水がたまって、脳室が拡張した状態の事を水頭症と言います。
症状には、寝る時間が長くいつもどことなくぼんやりしていたりして動作が遅くなったり、異常な興奮状態にあったり、急に鳴いたりするといった事が挙げられます。さらに歩き方が不安定であったり、よく転び、転んでも立ち上がれる事が出来なかったりといった症状もあります。そしてけいれん発作や視覚喪失といった事を起こすこともあります。しかし水頭症であっても、これらの症状が現れない場合もあります。

原因には生まれる前のウイルスの感染などの先天的なものと、頭部の外傷やウイルス感染による脳炎などの後天的なものがあり、脳内の液体成分の流れが滞って脳内に溜まっていくタイプと、何らかの原因で脳脊髄液を吸収する機能をなくしてしまい溜まっていくタイプがあります。ミニチュア・ダックスフンドやチワワやポメラニアンなどの小型犬に多く見られるのは、先天的な原因によるものです。

犬の水頭症の予防/治療法

水頭症は脳内の脊髄液の量が過剰になり脳室を拡張する病気であり、脳組織が破壊されたり十分に発達しなかった部分に貯まる代謝型と、脳脊髄液の流れが止まって起きる閉塞型があります。どちらの型も発育不全などの先天的な要因で起きることもあれば、ウイルスや脳炎などの後天的な要因で起こることもあり、いずれにしても予防をすることは難しいです。

日中ぼんやりしてる、トレーニングの覚えが悪い、寝ている時間が長くなった、興奮しやすくなった、よく転び、うまく立ち上がれなくなるなどの症状が見られた場合、早期に獣医の診察を受けることが求められます。しかし、体の症状として現れにくい場合や、合併症として併発する事がある為、定期的な健康診断を行うことが早期発見への近道だと言えます。

最近の治療法としては、手術によって貯まった脳脊髄液を腹腔に流す外科的な方法(脳室腹腔シャント、脳室静脈シャント)の他に、投薬によって脳脊髄液を減らして脳圧を下げる内科的な方法などが挙げられます。完治する病気ではないので、かかりつけの先生とよく治療方針について相談していくことが重要です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください