犬の下痢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

犬の下痢とは

下痢は消化器疾患のなかでもっとも多くみられる症状で、軽度なものから命の危険もあるものまで重症度も様々です。原因は細菌やウイルスによる感染症によるものから腫瘍、アレルギーから自己免疫疾患など多岐にわたります。下痢になると体内の水分が急激に減少するほか、体力が低下して他の病気にも罹患しやすくなる傾向があります。特に高齢であったり栄養に偏りがあるとトラブルに見舞われやすいので注意が必要です。下痢がみられたら基礎疾患が何なのか鑑別するために動物病院に早めに連れていきましょう。

犬の下痢の症状

下痢は、原因が小腸と大腸どちらにあるか場所によって区分されます。症状でも大別できますが、両方を併発することもあります。小腸に異常がある場合、小腸性下痢が起きる事があります。特徴的な症状として、便の量が多くなりますが、回数は増えません。便の症状は色々あり、単なる軟便から、水のような状態もあります。
小腸に出血があると、便は黒っぽく、長期化した場合、合併症が起き、体重が減ったり、嘔吐や脱水があります。
大腸は水分を吸収する場所ですが、異常がある場合、大腸性下痢になります。一度の便の量は正常ですが、少なめになる事もあり、回数が頻繁になるのが特徴です。大腸に出血があると、血便が見られますが、体重が減る事はあまりありません。
細菌感染やウィルス感染で起きる場合、数日間、あるいは長期に渡って症状が続くだけでは無く、嘔吐や脱水や、発熱等、症状は全身に渡って起きます。命に関わるような重い状態もあるので気をつける必要があるでしょう。ただし、嘔吐等の他症状が無い場合ですと、一過性の物も多いので、そこは慎重に見極める必要があります。

犬の下痢の原因

下痢を起こす原因はさまざまありますが、摂取した食べ物が最も一般的な要因として考えられています。食物を食べ過ぎたときや腐敗したものを食べたり、薬などを誤飲した場合などが最も多い要因としてみられています。また、急激な環境の変化によるストレスが原因になる場合もあります。引っ越しやペットホテルでの宿泊など、いつもと違う環境におかれた場合に症状を引きおこしやすいといえます。季節の変わり目や急激な寒さなども症状を引き起こす原因のひとつです。

伝染病が下痢を引き起こす場合もあります。予防接種を受けていれば問題ありませんが、予防接種を受けていなかったり、予防できない伝染病にかかった場合は、激しい症状を引き起こします。寄生虫感染やウイルス感染、細菌感染によって起こる場合もあります。

元気がなかったり症状が長引く場合は、重い病気を引き起こしている可能性があります。病気としては、腸炎や膵炎、悪性リンパ腫などが考えられます。

犬の下痢の予防/治療法

下痢の対応は、まず原因が何なのか明らかにしてその基礎疾患に対するアプローチを行うとともに、下痢を止めることです。感染の場合は抗菌薬や抗寄生虫薬等を与えます。アレルギーによるものであればアレルギー検査を実施し低アレルゲン食を与えたり免疫抑制剤を投与します。下痢を止めるために短期的に絶食をして腸粘膜を休ませ再生するのを待つこともあります。室内でも屋外でも動物を飼う場合、食べ物にはよく注意しましょう。腐ったり変敗した明らかに悪い食べ物を摂取した時以外にも、フードの種類が急に変わったなどの理由でも腸内の環境が変わり下痢をすることがあります。心当たりがあることはすべて動物病院の先生に伝えるとスムースに診察が進むでしょう。いずれにせよ、下痢だからと甘くみずに様子がおかしい時はすぐに動物病院に連れていくことをおすすめします。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

犬の下痢の相談

犬の下痢に関するコラム