犬の気管支炎きかんしえん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

犬の気管支炎とは

犬の病気には犬伝染性気管支炎と呼ばれる人間の風邪に似た症状の病気があり、主に咳や発熱を引き起こします。犬伝染性気管支炎は、主に6週から6ヵ月の子犬に多く見られる病気で、その原因としてはウイルスや細菌、マイコプラズマ菌と言ったものがほとんどです。
病気は程度の軽い症状のものが多く、ほとんどが1週間から10日前後で回復に向かいます。しかし、他のウイルスなどと混合してしまうことで高熱を起こし食欲減退や元気をなくして、最悪肺炎を起こして死んでしまうケースがあります。また、慢性気管支炎という種々の感染症や様々な原因により発症する気管支炎もあります。こちらは咳や呼吸時の雑音や努力性の呼吸などがゆっくり進行していきます。

犬の気管支炎の症状

気管支炎とは、喉と肺を結ぶ気管に炎症が起きている状態のことです。主な症状としては、痰を伴わない咳、食欲が無い、運動をしたがらない、なんとなく元気がなくぐったりしている、呼吸困難などがあり、重症化すると失神することもあります。突然発症して症状がおさまる喘息発と、2ヶ月以上症状が続く慢性のものの2種類があります。寄生虫やウイルスによる感染症が原因である場合が多いですが、有害物質の誤飲も気管支炎の一因です。

犬種に関わらず発病の可能性がありますが、生後1ヶ月から半年くらいの子犬は免疫力が弱いので特に注意が必要です。ワクチンを打ったり、動物病院でペットにとって有害な物を教えてもらうことで予防ができます。また、肥満や歯周病は症状を悪化させるので、生活習慣にも配慮しなければなりません。その他には、気管への刺激を減らすために散歩の際は首輪ではなくハーネス(胴輪)を用いるなど、普段の心掛けで予防・改善が期待できます。

犬の気管支炎の原因

ペットの気管支炎について症状とその原因を説明します。まず症状ですが、鼻や口から吸った空気の通る気管が炎症を起こしているため、ペットが痰を伴わない咳をします。その他の症状としてはぐったりして元気がない、運動を嫌がる、食欲不振などがあります。症状としては風邪に非常に似ていますが、風邪の場合はペットが鼻水を垂らす、鼻づまりしているなど違った症状が見られますので、ペットをよく観察すれば見分けることは可能です。
次に気管支炎の原因について説明したいと思います。主もに3つの原因があり、ウイルス(犬アデノウイルス2型、犬パラインフルエンザウイルスなど)や細菌(大腸菌、ブドウ球菌、気管支敗血症菌)に感染することで気管炎症が発生する感染症、線虫類の幼虫が気管に入ることによる寄生虫症、またペットが誤って異物を飲み込んでしまった場合などが挙げられます。飼い主の方で取り除ける要因についてはマメにケアすれば大丈夫です。
ただし、先に挙げたような感染症、寄生虫症の場合では炎症を抑えることもそうですが、原因となるウイルスや寄生虫を早急に撃退する必要があるので早めに専門機関を受診しましょう。

犬の気管支炎の予防/治療法

ペットの気管支炎について症状とその原因を説明します。まず症状ですが、鼻や口から吸った空気の通る気管が炎症を起こしているため、ペットが痰を伴わない咳をします。その他の症状としてはぐったりして元気がない、運動を嫌がる、食欲不振などがあります。症状としては風邪に非常に似ていますが、風邪の場合ではペットが鼻水を垂らす、鼻づまりしているなど違った症状が見られますので、ペットをよく観察すれば見分けることは可能です。
次に気管支炎の原因について説明したいと思います。主もに3つの原因があり、ウイルスや細菌に感染することで気管炎症が発生する感染症、線虫類の幼虫が気管に入ることによる寄生虫症、またペットが誤って異物を飲み込んでしまった場合などが挙げられます。飼い主の方で取り除ける要因についてはマメにケアすれば大丈夫です。
ただし、先に挙げたような感染症、寄生虫症の場合では炎症を抑えることもそうですが、原因となるウイルスや寄生虫を早急に撃退する必要があるので早めに専門機関を受診しましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください