犬の咽頭炎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

犬の咽頭炎とは

咽頭とは口の中の奥の方で、口腔と食道の間にある空間のことを指します。消化器と呼吸器の通路の交差点であり、この咽喉頭粘膜に炎症を起こした状態を「咽頭炎」といいます。ウイルス性感染症、細菌などによる感染が原因となって喉に炎症を起こしますが、外傷によるものや原因が特定できないケースもあります。初めのうちは軽い咳が出る程度で、次第に喉に痛みを伴い、食欲低下・大量のよだれが出るなどの症状が現れます。悪化すると、嘔吐・吐血・呼吸困難などを引き起こします。
肉眼での観察やレントゲン検査や内視鏡検査で原因を特定した後、消炎剤などによる炎症の治療や、抗菌薬の投与を行います。重度の場合は気管切開を実施することもあります。

犬の咽頭炎の症状

咽頭炎の症状としては食欲の減退や発咳がみられます。感染症により引き起こされたときは発熱し元気がない等の症状もみられます。咽頭炎が進行すると痛みのために喉のあたりを触られるのを嫌がったり、食べ物の咀嚼(そしゃく)や飲み込むことが困難になったりします。

犬の咽頭炎の原因

咽頭炎とは喉の部分に炎症が起こっている状態ですが、炎症を引き起こしてしまう原因はケースによって様々です。

有毒なガスを吸い込んだ場合や、薬品などを吸引したことにより炎症が起こることもありますが、ジステンパーなどウイルスに感染して感染症の症状が起きることもあります。また、鼻炎や口内炎の症状から、咽頭炎の症状に波及することも考えられます。

さらに、誤飲や誤食によって喉が傷ついてしまうことも起こり得ます。これは、先の尖っている鶏の骨などを食べた際に、飲み込む時に咽頭部に刺さってしまったり引っかけてしまうことがあるからです。特に犬の場合には、食べ物を細かく噛み砕くということが不得意なため、塊ごと飲み込んでしまうことがあるので、そのことが原因となって喉が傷つくことがあります。ピアスのようなアクセサリー類や、尖った魚の骨なども、ペットが間違って飲み込んでしまい、喉が傷ついて炎症が引き起こされることもあります。

犬の咽頭炎の予防/治療法

まずは咽頭炎を起こしている原因を明らかにします。肉眼での観察の他、レントゲン検査や内視鏡を用いて咽頭に起きている変化をとらえます。治療では食べやすい食べ物を与えるほか、抗菌薬の全身投与、消毒剤の塗布、消炎鎮痛剤の投与を行います。腫瘍や異物が存在する場合などは外科手術で取り除きます。重度の呼吸困難では気管切開を行うこともあります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください