犬の食物アレルギー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

犬の食物アレルギーとは

アレルギーとは、生体を防御する免疫系か過剰に反応する事により起こる体の異常の事を指し、その原因となる物質(アレルゲン)が食物の場合を食物アレルギーと言います。

犬の食物アレルギーの原因となるものは、人間と同様に乳製品や鶏卵、小麦等が挙げられますが、その他にもドッグフードの原料となるラム肉、牛肉、大豆、トウモロコシ等もアレルゲンになり得ます。

犬の場合アレルギー反応が起こりやすい場所は目や口周りであり、発赤等が見られた場合は食物アレルギーを疑い、早めの受診と検査が推奨されます。

犬の食物アレルギーの症状

犬の食物アレルギーは人間と同様で、食べ物に含まれる特定の成分に対してアレルギー反応を起こすことです。アレルゲンが消化管に入った後、血液を介して全身にアレルゲンがまわることで症状が起きます。
原因は様々ですが、牛肉、鶏肉、乳製品などにアレルギー反応することが多いです。また、小麦、大豆、卵、果物なども食物アレルギーを起こす可能性が高いです。
症状は、アレルゲン摂取後すぐに起きて短時間で症状が消失するものから、数日たってから症状が発症して数週間続くものまで様々です。
犬の場合、皮膚にアレルギー症状を起こすことが多く、代表的なものは、かゆみ、フケ、脱毛、発疹などです。また、耳の内側、目や口の周り、股の内側が赤くなることもあります。他にも、くしゃみ、涙目、嘔吐や下痢などの消化器症状もあります。また、食物アレルギーを持つ犬の特徴として、外耳炎を繰り返すことが報告されています。

犬の食物アレルギーの原因

食物アレルギーは食物中の物質をアレルゲンとして体が認識してしまい様々なアレルギー反応を起こす疾患です。原因として最も多いのは牛肉ですが、鶏卵、小麦、小豆、トウモロコシも原因になります。これらのアレルゲンが抑えられている様々な低アレルギー療法食が存在しますが、しっかりどの食物に対してアレルギーがあるのか調べてから与える必要があります。除去食試験や血中IgE検査や皮内反応検査を実施します。

犬の食物アレルギーの予防/治療法

食物アレルギーを疑う場合には除去食試験や血中IgE検査、皮内反応検査を実施しどの食物に対してアレルギーを持っているのか調べます。原因食物が明らかになったら、それらの成分が低く調整されている低アレルギー食を与えます。低アレルギー食を与えていても症状が治まってくるのは2カ月程度かかるので、同時に痒みを抑える対症療法を行います。対症療法はアレルギー性皮膚炎の治療に準じて行います。痒みを抑えるためにステロイド剤や免疫抑制剤を投与します。細菌の感染も認められる場合は抗菌薬の全身投与も行います。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください