犬のふるえ、けいれん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

犬のふるえ、けいれんとは

犬がけいれんする原因は様々あります。その原因で一番多いのが「てんかん」と言われるものです。これは慢性的に繰り返される事で、神経細胞の異常により発症するのです。他にも脳腫瘍やトキソプラズマ症や水頭症・ジステンバーウイルスや甲状腺機能の低下・心筋症などがあります。
他にも長期食事をしなかったり、農薬などによりけいれんを起こす場合もあるので環境にも気を付けなくてはいけません。
けいれんを起こしたら慌てずにまずは症状が落ち着くのを待ちます。犬がすぐに元気になっても必ず診察を受ける事が大切です。

犬のふるえ、けいれんの症状

犬は人間と同じような病気を起こすことがあり、特に敏感な犬はけいれんなどの発作を起こしやすい傾向にあります。
症状は体が異常に硬直し、全身がピクピク震えている状態です。通常は数秒、長くても一分以内におさまり、ほとんどがその後、普通に動き回ることが多いです。一時期の症状なので問題がないと思われがちですが、一定の周期で再発すると何らかの病気が引き金となっている可能性があります。
けいれんの原因として最も多いのが、てんかんによるものです。この病気は、脳の神経細胞に異常が生じてなり、予防が難しいものです。そのため、定期的に通院する必要があります。これ以外では、脱水症状や低血糖、中毒があります。特に夏場は脱水症状になりやすいため、こまめに水分補給をさせることが大切になります。また、夏場は涼しい部屋で過ごさせることも大切です。
栄養不足による低血糖でも発作に繋がることがあり、水分補給と同時に給餌は大切です。特にダイエット中の犬ほど低血糖になる可能性があります。また、餌は高品質なものを与えると適度に栄養補給ができ、健康にさせる可能性も上がります。
このため、けいれんを防ぐためにはこまめな水分補給をさせたり餌やりをしっかりと行うことが最もです。

犬のふるえ、けいれんの原因

モルモットが突然『けいれん』を起こしたらショック死の可能性が高まります。
デリケートな動物の『モルモット』は神経系の「てんかん」を発症しやすいです。
また、『遺伝子(真性)』からの影響と『後天性てんかん』の二種類に分かれます。
*真性てんかんの場合
脳に生まれつき障害があり突発的な興奮状態によって症状が現れます。例えば、『筋肉のけいれん』『よだれ』『異常興奮』などです。また、病気が発症しているとき、モルモットは意識を失っています。そして、無意識の内にイライラのコントロールが抑制できず、手当たり次第に物を噛んだりする傾向が見受けられます。
*後天性てんかんの場合
心疾患、肝疾患、低血糖、低カルシウム血症などが主な原因です。症状は上記に加え、筋肉が痙攣したり、動かなくなったりします。
また、炎症がある場合、痛みを伴い麻痺状態も起こります。これらは呼吸困難を引き起こし最悪な場合、死に至ります。
*口中の異常に気付いたら
歯茎に炎症をおこしている場合、顎の筋肉が障害を受け餌が食べられなくなり、衰弱状態になる傾向があります。また、断食状態が続くと細菌感染症による免疫力低下で対応できなくなり『腸管閉塞』などを発症します。結果的に、これは老廃物の排出を困難状態にし、死亡率を高める一つの原因です。

犬のふるえ、けいれんの予防/治療法

脳に関する様々な病気や頭部の外傷などによって、けいれんが引き起こされます。他には熱中症、低血糖などでも発症する場合があります。しかし1番多い原因として挙げられるのは突発性てんかんであり、遺伝的な要因が関与していると推測されているが、未だ原因は不明です。また、大型犬に多く見られます。 症状がでた時には、周囲に硬い物や尖った物を置かず、飼い主も少し離れた場所から優しく声をかけ、発作が治まるのを待ってから病院へ行く、あるいは受診済みなら適切な処置をしましょう。発作中に抱き上げようとしたり、なぜて落ち着かせようと手をだすと噛まれることがあります。 治療方法としては、抗痙攣薬を用いて、犬のけいれんを抑制します。しかしこれは対処療法に過ぎず、根本治療にはなりません。近年、薬で抑制するのではなく、食事にサプリメントを混ぜ込む事で、自然治療を行う病院も増えています。 ビタミンB1、アミノ酸、脂肪酸、DMGと呼ばれる抗菌、抗真菌、抗ウィルス作用のサプリメントを摂取する事で、神経系に働きかけます。また、発作を起こしやすい犬は物事に敏感であったり臆病な性格である為、落ち着ける為にハーブを活用します。カモミールやバレリアンなどの香りを焚き染める事で、不安を和らげる事が可能です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

犬のふるえ、けいれんの相談