犬のよく水を飲む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

犬のよく水を飲むとは

犬が暑い日によく水を飲む事はあります。しかし、普通に飲んでいてもあまりにもよく水を飲むには病気が隠れている場合もあるので注意が必要です。
原因の一つに「糖尿病」があり、糖尿病は機能低下により糖分を吸収できなる病気です。それの糖分を外に出す為に沢山おしっこをしなくてはいけません。その為に沢山水を飲むのです。
この病気はいくら食べても犬が痩せていってしまうので体重のチェックを日頃から気を付けてする事が大切になってきます。

犬のよく水を飲むの症状

食事の後や運動の後、気温が高いときなどは、よく水を飲む事があります。
お水入れをきれいにして、新しいお水にしたときに、好んでたくさん飲む犬もいます。人間も食事をとったり、運動した時は、喉が乾きます。じっとしていても気温が高いときなどは、いつも以上に水分をとっています。これらは汗で失われた水分を補充するためです。
犬は人間と違い、汗で体温調整が出来ません。呼吸しながら、舌で体温を調整しています。
人間でも、呼吸が早くなれば、口の中が乾き、水分を補充したくなります。犬は体温調整を舌でしているのですから、人間よりもよく水を飲むのは、普通です。
気を付けなくてはならないのは、いつもより多く飲んでいるときです。暑いのかもしれません。体温が高いのかもしれません。そんないつもと違う様子を見逃がさず、小さな変化も見落とさずに、適切な処置が出来るように細かく観察、メモ等をして、獣医師さんの指示を受けます。
人間と同じで、たかがお水ですが、食事やトイレ等と同じく、健康のバロメーターでもあります。
毎日の細かいチェックが健康に長生きしてもらうためには、とても大切な事となります。

犬のよく水を飲むの原因

ウサギがよく水を飲むという症状がある場合、腎臓疾患が疑われます。
水を大量に飲み、透明のツンとしたにおいのある尿が出ます。
ウサギの場合、体が小さいため迅速な対応が生死を分けることもありますので、よく水を飲む症状が出た場合、早急にかかりつけの病院に行くことをおすすめします。
診察時に尿検査が出来た方が診断も早いので、トイレ容器を洗い、中身は何もしかずに尿を採取して
容器等に入れて持っていくと良いです。食事の内容による可能性もあります。普段がペレットフードや牧草など乾燥したものだけなら、生野菜など水分の多い食事を与えた
時に比べて飲水量は増えます。また、給水器をカチカチ噛んでいるだけや、飼い主さんの意識的な事もあるので
、よく観察することは必要になります。
腎疾患の他にも、泌尿器疾患、子宮蓄膿症、内分泌系疾患が挙げられます。泌尿器疾患が多い理由は、もともとウサギの飲水量
が少ないこと、食事にふくまれるミネラルが多いこと、お尻が床につきやすいことなどがあります。
子宮蓄膿症では、陰部からおりものが多く出ていても、ウサギが自分でなめてしまい気付かない場合が多いです。
こうしたよく水を飲むという症状以外にも、異常がないか調べてみてください。

犬のよく水を飲むの予防/治療法

犬が『異様に水を飲む』という行為は厄介な病気を疑うべきです! 人間と同様に犬も『糖尿病』の初期症状として水分を多く摂取する傾向があります。糖尿病では、"インスリン"が膵臓から正常に分泌されなかったり、正常に働かなかったりするため、血液中に含まれる糖分が体の外へ出ていきます。その結果、脱水症状と似たような状態になり、異様にたくさん水を飲むようになります。また、尿の回数が増えるに従って症状も悪化しているので注意が必要です。なので、よく水を飲み尿の回数が増えたと思ったら、一度早いうちに医師に相談することをオススメします。 次に考えられる症状は『尿崩症』です。これは、犬の内分泌系の異常によって引き起こされます。例えば、この病気は脳内と関係しているので『抗利尿ホルモン』が生成される"視床下部"や分泌をコントロールしている"脳下垂体"といわれる脳内組織が炎症を起こしていたり、腫瘍ができている場合、うまくホルモンが分泌されずに『尿崩症』と呼ばれるホルモンに関連した病気にかかり、糖尿病と同じように"よく水を飲む”症状を繰り返します。 どちらの病名の場合も、完治には程遠くペットの体に負担が増えることに変わりはないので、健康的な食事療法と環境作りが大切です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください