犬の発熱

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

犬の発熱とは

犬の平熱は人間よりも体温が高いく38.3度から39度ほどで、発熱した場合は40度前後になる事が多いです。
犬の発熱の原因としては運動などをして一時的に上がる場合もありますが、病気の場合は感染症やケガなどの炎症、熱中症や中毒になってる可能性が大きいです。
発熱だけでなく食欲があるかなど他の症状が出ていないかをきちんと確認する事が大切です。微熱で元気がある場合は様子を見てもいいかもしれませんが、微熱でもあまり続くようなら診察を受けるほうが良いでしょう。

犬の発熱の症状

犬の平熱は人よりも高いですが、38度から39度ほどで40度前後になると発熱とされます。発熱の原因としては運動後の興奮状態の場合は体温が高くなっていますが、この時に体温を計っても正確な体温は計れません。
それ以外の発熱の原因としては、気管支炎や肺炎、ヘルペス感染、尿路結石や中毒症状など様々あります。言葉が話せない分、熱は病気を見つける最初のバロメーターなので日頃から確認するのもいいでしょう。このように熱が上がるという事は病気が隠れてる兆候の一つとも言えるのです。この熱以外で他に症状がないかを確認する事も大切です。
熱中症でも熱が出るので車の中に置きっぱなしなどすると犬はすぐに熱中症になります。体温がいきなり上がったり、あまり高すぎると命にも係る場合もあるので微熱でも油断してはいけません。
しかし、熱があるのは体温を計らないと分からないですが、犬の普段の状態と少しでも違う態度だったら熱がある可能性が高いです。例えば、食欲がない、元気がない、ぐったりしている、歩く時にフラフラしているなどといった行動がみられたら体調が悪いと疑うといいでしょう。そして早めの診察を受ける事が病気を最小限に抑えれるかどうかに掛かってるとも言えます。

犬の発熱の原因

犬の平熱は、38度から39度ほどで40度前後になると発熱とされます。運動後の興奮状態の場合は、一時的に体温が高くなっていますので、正確な体温は計れません。
発熱の原因としては、気管支炎や肺炎、ヘルペスウイルス感染症、尿路結石や中毒症など色々あります。熱は、病気を見つけるバロメーターなので、日頃から確認するのもいいでしょう。
このように発熱は、病気の兆候の一つとも言えるのです。発熱以外に、何か症状がないかを確認する事も大切です。
車の中に置きっぱなしにすると、犬はすぐに熱中症になります。体温がいきなり上がり、あまりにも高すぎると命に係る場合もあるので油断してはいけません。
しかし、熱があるのは体温を計らないと分からないですが、犬の普段の状態と少しでも違う態度だったら熱がある可能性が高いです。例えば、食欲がない、元気がない、ぐったりしている、歩く時にフラフラしているなどといった行動がみられたら体調が悪いと疑うといいでしょう。そして早めの診察を受ける事が病気を最小限に抑えれるかどうかに掛かってるとも言えます。

犬の発熱の予防/治療法

犬の平熱は38度から39度ほどですが、40度前後になると熱があると判断されます。発熱は、他の病気が隠れている場合もあるので、健康の目安の一つとして大切です。発熱した場合は、他にも何か症状が出ていないか、チェックする事が重要です。熱が出ても元気がある場合は、少し様子を見るのもいいかもしれません。一気に熱が上がる場合は、命にかかわるかもしれないのですぐに診察してもらいます。
発熱の時に隠れてる病気には、気管支炎や肺炎、尿路感染症、乳腺炎、前立腺炎などがあります。
気管支炎の症状としてはコンコンと言った咳をし、食欲不振などの症状が表れます。吸引方法などの治療を行う事が多いです。肺炎は気管支炎よりも咳が酷くなり呼吸もゼーゼーと言った苦しい呼吸になり、薬の投与や吸引方法などの治療を中心に行われます。乳腺炎は細菌が入り込んで起こる場合が多く、乳腺が腫れたりします。子犬への感染を防ぐ為にも飲ませるのを中止しなくてはいけません。前立腺炎は急性と慢性があり、急性の場合は嘔吐などもみられます。尿が出にくくなったり排尿障害をきたします。外科的手術をするなどの方法をとる事が多いです。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください