犬の目の異常

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

犬の目の異常とは

目は、犬と対面したときによく見える場所で、病気でなくても犬の健康状態を把握するのに大事な場所です。
目の異常は、単独の病気だけとは限らず症状が一つだったり複数の症状が出てきているものもあります。
涙や目やは目の異常を見つけるのに分かりやすいサインです。
涙や目やにくらい、と放置してしまう飼い主さんも多いですが、酷いとそのまま目やにで目が開けられなくなってしまうほどのこともあります。ぬるま湯に浸したタオルなどでぬぐってやり、様子をみてもまだ症状が続くようなら早めに病院に連れていくことをおすすめします。

犬の目の異常の症状

本当に怖い犬の『目の異常』。異変に気付いたらすぐに病院に連れて行って下さい。また、考えられる症状は以下のとおりです。
*目が白く濁っていたら、『白内障』を疑いましょう!この病気は、犬が8才から10才以上になるとかかりやすい病気です。また、『先天性』と『後天性』のものがあります。
『後天性』に関しては、白内障の症状でも四段階別の過程があります。まず、初期段階ですが、ペットは問題なしに歩行できています。しかし、状態が悪化し、目の水晶体が白くにごり始めると良く物にぶつかったりと歩行時に異常が見られます。この状態を放置していると『失明』に繋がります。この進行程度は原因や飼育環境によって様々で飼い主が異変に気付いた時にはすでに遅い可能性も考えられます。原因として、このような『目の異常』は、外傷や糖尿病などによる代謝異常が影響しています。治療方法としては、内科的治療と外科的の治療方法があります。まだ視力が失われていない場合の『初期段階』では、眼点薬や内服薬で様子をみます。しかし、既に盲目になっている場合は、手術前に詳しい検査を受ける必要性があります。また、原因が糖尿病と関わりがある場合には、生活習慣の見直しや内服薬の投与などが優先されます。

犬の目の異常の原因

本当に怖い犬の『目の異常』。異変に気付いたらすぐに病院に連れて行って下さい。また、考えられる症状は以下のとおりです。 *目が白く濁っていたら、『白内障』を疑いましょう!この病気は、犬が8才から10才以上になると、かかりやすい病気です。また、『先天性』と『後天性』のものがあります。 『後天性』に関しては、白内障の症状に四段階の過程があります。まず、初期段階ですが、犬は問題なく歩行できます。しかし、状態が悪化し、目の水晶体が白くにごり始めると、よく物にぶつかるようになります。この状態を放置していると『失明』に繋がります。この進行程度は原因や飼育環境によって様々で、飼い主が異変に気付いた時には、すでに進行している可能性も考えられます。原因として、このような『目の異常』は、外傷や糖尿病などによる代謝異常が影響しています。治療方法としては、内科的治療と外科的治療があります。まだ視力が失われていない場合の『初期段階』では、点眼薬や内服薬で様子をみます。しかし、既に盲目になっている場合は、手術前に詳しい検査を受ける必要があります。また、原因が糖尿病と関わりがある場合には、生活習慣の見直しや内服薬の投与などが優先されます。

犬の目の異常の予防/治療法

犬の目の内側の下の毛が茶色に変色している状態を涙やけといいます。涙に含まれる成分や雑菌によって起こります。犬は人間よりも地面に近い位置にいるため、ほこりやゴミなどが入りやすく、これらを洗い流そうと涙を出します。
目やにが黒っぽく乾燥して眼のふちについているだけなら心配はいらないのですが、膿のようにどろっとしている時には目の異常や体の病気が考えられます。
目やにが出るのは、眼球の表面が傷ついた場合や、角膜炎や結膜炎を患っている場合。逆さまつげや異物の混入などの物理的刺激によるもの、何らかの感染症や、アレルギーのときにも目やにが出ることがあります。
目やに以外にも目が充血したり、目がかゆくてこすったりするしぐさをするのも何らかの目の異常が考えられます。
涙が止まらないときは目の表面をながれた涙を鼻へと流しだす涙小管が詰まる涙管閉塞という病気が疑えます。ほかにも眼球の表面が白っぽくなる白内障、目が見えにくいようなら緑内障の疑いがあります。
犬は人間と違って訴えることができないので早めに気づいてあげることが早期発見につながり、治療することができれば病気を治すことや症状を緩和させてあげることができるのです。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

犬の目の異常の相談