犬の膀胱結石

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

犬の膀胱結石とは

腎臓から膀胱や尿道などの尿路系では結石が形成されることがあります。結石が出来る場所によって腎結石・尿管結石・膀胱結石・尿道結石とよびますが、形成される原因や症状などは似ています。尿のpHや食べ物、細菌感染など様々な要因によって結石は形成されます。膀胱結石があるときは排尿時に痛みを伴うため、鳴き声をあげたり、残尿感があるため何度もおしっこを少量するようになります。膀胱結石が特に問題になるのは雄犬の場合です。雄犬は尿道が雌に比べて細いため、結石が尿道へ流れてしまったとき詰まりやすいのです(尿道閉塞)。完全に閉塞してしまった場合は命にかかわる尿毒症という状態に陥るので、早期に膀胱結石を発見し治療することが重要です。

犬の膀胱結石の症状

膀胱結石は人間でもある疾患ですが、犬や猫などのペットにも起こります。
膀胱は尿をためておく場所ですが、その尿の中の鉱物沈殿物が多く集まると結晶となり結石といわれる石に徐々に変化するのです。
腎臓・尿管・尿道にも結石ができます。
結石の大きさによっては尿道などで閉塞を起こすことがあり、そうなると排尿できないことで体に有害な老廃物を排泄できず尿毒症という状態に陥ってしまうため。緊急手術が必要となる場合があります。
ペットは言葉が話せないので、事前に飼い主が変化に気が付いてあげることが必要です。主な症状は尿量が少なくなりトイレが近くなる頻尿、普段はしないような場所で排尿をしてしまう、尿に血が混じる血尿、排尿時にいきんだり苦しそうにするなどです。
また陰部を気にしたり舐めることが多くなったりする事もありますし、おしっこにキラキラしている白い砂のようなものが混ざることもあります。

犬の膀胱結石の原因

膀胱結石は膀胱の尿の中の鉱物沈殿物が多く集まることによって結晶化し石となることです。膀胱結石は排尿時の痛みや尿路の炎症を起こします。結石が形成される原因はいくつかあります。飲水不足や脱水によって濃い尿が長時間膀胱内に留まることは結石の形成を促進します。細菌が尿道を伝って膀胱に感染し尿の成分を変質させることによってpHが変わり、結石を形成することも多いです。
もう一つの大きな原因が食事で、タンパク質、カルシウム、マグネシウム等のミネラルが多い食事が結石の形成の引き金になります。ペットに食べさせてはいけない物に関しては注意する人が多いのですが、それ以外のものを与えてしまうことが良くないようです。ペットはペットフードよりも人が食べる物を喜んで食べ、その喜ぶ姿が可愛かったりするのですが、病気にしたくないのであればペットフードだけを食べさせるようにします。

犬の膀胱結石の予防/治療法

予防には食事管理と飲水量を増やすことが有効です。わんちゃんが喜んで食べる様子はかわいいのですが、人の食べる物などはわんちゃんにとっては塩分過多であることが多いため、与えないようにします。口に入るのはペットフードと水だけに水をいれるお皿も毎日洗い、いつでもきれいな水が飲めるようにしましょう。また、水を飲める場所も増やすことも有効です。細菌の感染がある場合は抗菌薬の使用が必要なので、もし頻尿などの症状が見られた場合、早急に動物病院で診てもらいましょう。
膀胱結石の治療ですが、結石の大きさと成分によっても違ってきます。小さくて溶かしやすい結石でしたら、結石が溶けやすくなるように成分調整された処方食を食べさせたり、尿量を増やすために皮下輸液や抗菌薬、消炎鎮痛剤等の内科療法を実施します。
しかし、溶けにくい種類の結石だったり、大きな結石ですと、内科療法では対処が難しいので、外科手術をして摘出を行う治療となるでしょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください