犬の包皮炎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

犬の包皮炎とは

包皮炎は感染症の一種で、ペットの性器を覆う包皮から粘性が高く、薄い緑色が混ざった黄色い液体が発生する病気です。

分泌される液体の主成分は性器の汚れや感染した細菌、白血球の死骸で、症状が進行すると痛みが生じたり生殖機能に悪影響が及ぶ可能性もあります。

包皮炎は性器が不潔な状態が続くと発症しやすい傾向があることから、性器に傷が付かないように丁寧に汚れを落として清潔に保つことが効果的な予防法とされています。

犬の包皮炎の症状

ペットのペニスを覆っている皮膚に炎症が起きる事で、ペニスを覆う皮膚の隙間から緑~黄色の膿様排出物が垂れているのが包皮炎の特徴です。軽度のものは多くの犬でみられるため治療の対象にはなりませんが、炎症や膿の貯留が酷い場合には治療が必要です。
炎症によって痛みが起き始めると、ペットがしきりに自分の股間を舐める様になって、股間が地面に着く様な座り方をする時間が少なくなります。
かなり炎症が悪化すると排尿時にも痛みが起きる様になり、少しずつしか尿を出さなくなってしまい、痛みが更に悪化すると血尿が混ざる事も多いです。
同時に膀胱炎や尿道炎の様な症状が表れて、排尿時に苦しそうな声を上げる様になり、ペットが痛みで走り出してしまう場合もあります。
黄色などの色が付いた膿がペットの股間の包皮から出てくる事もあり、排出された尿に膿が混ざっている様に見えて、膀胱の病気だと判断されてしまう事も珍しくありません。
痛みとストレスによって食欲不振に陥ったり、歩くだけでも強い痛みが生じる様になると、ペットが散歩を嫌がる様になってしまうというのも包皮炎の症状の一つです。

犬の包皮炎の原因

犬の包皮炎はペニスと包皮に細菌が感染することによって炎症が起きる疾患です。この包皮の中には健康な状態では何ら問題を起こさない常在菌が生息しています。包皮内は汚れがたまりやすく通気性も悪いため、異物や外傷などでペニスや包皮が傷ついたり常在菌のバランスが崩れた時などに常在菌が感染し発症します。

また、短足やペニスの周りに長い毛が生える特徴を持った犬種などは、毛を通して地面にある病原性の細菌に感染しやすく、包皮炎を惹き起こす場合があります。さらに、こうした毛があることで尿を上手く切ることができずに不潔な状態になりやすく、これが原因となって炎症が起きる場合もあります。

犬の包皮炎の予防/治療法

包皮炎は、陰茎の表面とそれを包んでいる外側の包皮との間に炎症を起こす雄犬の病気です。もともと包皮の周辺には常在菌がいますが、そうちの病原性の細菌による感染が包皮炎です。症状のメインは、黄色やグリーンのクリームに近い状態の膿が包皮から出てくることです。
治療法は、この膿の量が少量のケースでは散歩から帰った時や排尿のたびに包皮の中を消毒したりあるいは経過観察で済むこともあります。膿の量が多くなってしまったら、外科的に包皮の内部を洗浄したり抗菌薬の内服薬を用いるなどの細菌感染対策の治療が必要です。また細菌感染が包皮にととまらず、尿道や膀胱にも炎症が起こると血尿などの症状が見られます。この場合は、膀胱炎や尿道炎の治療のために抗菌薬を使った内科治療をします。
包皮の炎症の予防には、こまめな洗浄が一番効果的です。特に、ペニスの周辺が汚れやすい散歩の後や排尿後の洗浄やその部分の毛が長い場合は短くカットすることも細菌感染の予防に効果があります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください