気づいてあげたい、犬の尿結石の4つサインとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

監修:Doctors Me 獣医師

尿結石というと人間だけの病気と思っていませんか?膀胱環境の悪化や体質など理由はさまざまですが、実はワンちゃんにもみられる病気なのです。

尿結石が出来ることにより、排泄の際に痛みが生じたり、通過障害が起こることによって尿毒症など死の危険もある障害が起こる可能性があります。

そのままにしておくと危険な病気なので、きちんとサインをキャッチして、早めに受診してあげるようにしましょう。

尿結石は人間だけの病気じゃない!

前述の通り、尿結石は実はワンちゃんにもみられる病気です。

尿結石は結石のできる場所によって言い方が変わります。
・腎結石…腎臓にできる
・尿管結石…尿管にできる(腎臓で作られたおしっこが膀胱へ流れていく管のこと)
・膀胱結石…膀胱にできる
・尿道結石…尿道にできる(膀胱からおしっこを出す時に通る道)

どの結石もでき方は同じで、食べ物や飲み水の中の、ミネラル(カルシウム・マグネシウム・リン・尿酸・ケイ酸など)をもとにできます。

おしっこを観察して健康状態をチェック!

あなたのおうちのワンちゃんは、おしっこを毎日していますか?また、その時の様子を見ていますか?

普段から、おしっこの
・色
・量
・臭い
・回数

をチェックしておくと、元気そうに見えて実は体調が優れないなど、おしっこの様子から分かることがあります。

お散歩中に確認出来ればその時に。お散歩中にしない、お留守番が多いなどで観察できない時は、ペットシーツ、トイレの掃除をする時に見ておくだけで構いません。

ただ、健康な時でも水を沢山飲むと色が薄くなりますし、食べ物の色がおしっこにつくこともあります。色だけでは判断出来ないので、上記4つの項目を併せて観察してあげてください。

犬の尿結石、4つのサイン

1.おしっこが赤い
結石はザラザラしていたり、尖ったりしているので粘膜を傷つけることがあります。傷ついた所から出血するとおしっこが赤くなります。ペットシーツの上でした時、ザラザラしたものがあるのに気づくかもしれません。

2. おしっこが白い
結石ができる時は細菌に感染しやすいので炎症がおき膿状のものが一緒に出てきたり、結石になる前の砂状の結晶が出ることで、おしっこが白くなることもあります。

3. おしっこが出ない
小さい結石だとおしっこと一緒に出てくれますが、尿道につまるとおしっこが出なくなります。おしっこをするのに時間がかかったり、我慢できずにいつもと違う場所でしてしまうことがあります。
また、雄は雌よりも詰まりやすい体のつくりになっているので、注意が必要です。

4. お腹を触られるのを嫌がる
結石がチクチク痛いので、お腹を触られるのを嫌がることもあります。お腹がカチカチに張って固くなっていて気付く場合もあります。

その他にもトイレに何度も行くのにおしっこは出なかったり、普段は粗相をしないのに変なところにおしっこをするなども何らかの状態で排尿が上手に出来なくなっているサインなので、検査をしてもらった方が良い可能性はあります。

獣医師からのアドバイス

おしっこは体にとって要らないものの集まりなので、出なくなると急激に体調が悪化します。普段のおしっこの状態を把握していると、小さな異変でも気付くことが出来ます。

早い段階で気付いて病院で受診できた方が、体への負担も少ないです。普段から、おしっこを観察して気をつけてみましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたいコラム

もっと見る