メイン画像

はじめて母乳育児をするときは経験がない分、他のママと比べて焦ったり、心配になって悩んだりすることも多くなると思います。「はじめてなんだから、それは当たり前のこと!」と自分に言い聞かせながらも、なかなか客観的になれなかったりしますよね。

そこで今回は、産婦人科医の十倉陽子先生に、実際に来院されるママたちが母乳育児に対してどんな悩みを持って来られるのか、いくつかご紹介していただきました。一言で「母乳育児」と言っても、色んなスタイルや悩みがあるようです。

十倉陽子先生産婦人科医十倉陽子先生

お悩み1

赤ちゃんがうまく乳首に吸いつかなくて、なかなか母乳を飲んでくれません…

授乳し始めの頃は、赤ちゃんに乳首をどのくらい含ませるかの感覚がわかりにくいものです。乳首を口に入れているようですが、転がすようにしているだけで全然飲んでくれないときや、なんだか乳首が痛い…というようなときには、赤ちゃんが乳首の先の方だけくわえていることがあります。その場合、しっかり母乳が出て来ないため、赤ちゃんは上手く飲むことができません。乳輪部分までたっぷりお口の中に入れてあげることで、上手に飲んでもらうことができるようになるでしょう。


お悩み2

乳首が切れてしまい、授乳のたびにヒリヒリして痛いです…

乳首が痛むと、どうしても母乳育児を続ける意欲がくじかれますよね。上記にもあるように、正しい深さで乳首を含ませていないことも原因となることがあります。また、授乳が終わった後、乳首を赤ちゃんの口から外す時に無理やり引き抜くと切れてしまうことや、こすれてしまい、そこから痛みが出てくる可能性もあります。赤ちゃんが母乳を飲み終わった頃に、乳首と赤ちゃんの口の隙間に人差し指をそうっと入れていくと、圧が逃げて乳首を傷めることなく抜くことができます。

ただ、一度傷がついてしまうと、痛くて赤ちゃんに直接吸ってもらうのは難しくなる場合もあります。そういう場合は、一時的に搾乳器を使ってみたり、乳頭保護器を使ってみたりするとよいでしょう。実際、私自身も一人目の母乳育児の時には、乳頭保護器にお世話になったことを覚えています。


お悩み3

母乳が足りているのか不安です…

母乳の場合は、赤ちゃんが飲んでいる母乳の量が足りているのか、一見わかりにくく不安になってしまいますよね。産後健診などで基準通り赤ちゃんの体重が増えているようであれば、足りているということですので安心してください。


お悩み4

夜よく眠れず、毎日疲れ果ててしまいます…

生まれてすぐは、ママは睡眠不足や慣れない育児のストレスで、精神的に追い詰められがちです。訳もなく泣きたくなる…、どうしていいかわからず赤ちゃんを怒鳴ってしまった…などがあれば、パパに家事や育児を分担してもらったり、夜の授乳が大変な時はたまには代わってもらったりするなど家族にも頼って、ママ自身がリラックスできる時間を持つようにしましょう。それでも解決しない場合には、病院の医師や助産師さん、保健師さんなどに相談してみるとよいでしょう。一人きりで戦わないように心がけてくださいね。


最後に

初めての赤ちゃんを迎えてからの数ヵ月は、心身ともに本当に大変な時期かと思います。ここにあげさせていただいたのは、そんなママたちのお悩みのほんの一部です。一人ひとり家族内の状況が違い、赤ちゃんのキャラクターも違いますので、実際にはお悩みは千差万別です。病院には沢山のお悩みに対応してきたスタッフがおりますので、困った時にはできるだけ自分一人で抱え込まずに、たくさんの人の力を借りるようにして乗り切ってくださいね。


事前にいろいろ勉強していても、いざ母乳育児が始まってみるとママたちの悩みは尽きないようですね。たとえそれが初めは小さな問題だったとしても、母乳育児は毎日のことだから悩みの種は早めに解消したいものですね。

そこで今回Doctors Me編集部がオススメするのは、毎日の母乳育児をサポートするにはピッタリの、ピジョンの「さく乳器 電動プロパーソナル」と「さく乳器 手動」です(※2018年8月下旬新発売)。上手に取り入れることで、人によっては母乳育児をスムーズにしてくれるというのです!それでは早速、初めてのママでも使いやすいという、その工夫をご紹介していきましょう。

まずご紹介!ピジョンのさく乳器に共通する特長とは?

(※2018年8月下旬新発売)

乳輪部分からしっかりフィットする「さく乳口パッド」

おっぱいに密着するさく乳口は、やさしくフィットするエアクッション構造に。シリコーンのパッドが乳輪部分からしっかり密着するので、空気漏れも防ぎ、ストレスフリーに使えます。

おっぱいの準備をしてから、さく乳ができる切り替え機能付き!

さく乳前におっぱいの準備をすることは、自然な排乳を促すために大切です。だからおっぱいの出始めまでをサポートする準備ステップと、おっぱいが出始めてからはしっかりさく乳できるさく乳ステップの切り替え機能を搭載。スムーズで自然なさく乳が可能です。

付属の「母乳実感」哺乳びんに直接さく乳できる!

使い方によって最適のものを選べるように、複数あるピジョンのさく乳器ですが、どのタイプも共通して「母乳実感哺乳びん」が1本セットになっていて、直接「母乳実感哺乳びん」へのさく乳が可能。さく乳後にすぐに授乳するなら、移し替えも不要です。また母乳実感だからこそ、おっぱいとも併用しやすいというのがうれしいですね。

ピジョンの「さく乳器」について、もっと知りたい!

選べる「電動」と「手動」、それぞれの特長とは?

ピジョン さく乳器 電動プロパーソナル

左:シングルタイプ、右:ダブルタイプ

自動でさく乳できる電動タイプなので、おっぱいにあてるだけで手にも負担が少なくさく乳ができます。片胸ずつさく乳する「シングルタイプ」と、両胸同時にとれる「ダブルタイプ」が選べるようになって、片胸だけがいい方にはシングルタイプ、より短時間で効率的にさく乳したい方にはダブルタイプ、といったようにママそれぞれのニーズによりフィットするようになりました。

その時々のおっぱいにフィットする吸引圧

左:準備ステップ強のイメージ、右:さく乳ステップ吸引圧3のイメージ

母乳の量はもちろん、母乳が出るまでの時間も人ぞれぞれ。だから、母乳が出るまでの準備ステップと、出てからのさく乳ステップ両方とも、おっぱいの状態や母乳量に合わせて吸引圧を調節できます。

長年の赤ちゃんの哺乳研究からヒントを得た吸引リズム

ピジョンが60年にわたって研究を続けている赤ちゃんの哺乳運動。そこからヒントを得た「吸引リズム」を採用しています。その吸引リズムは3モード。ボタン操作でモードが変わり、さく乳しながらその時のおっぱいの状態に合った、心地いいと感じるリズムを選ぶことができ、より自然に、しっかり母乳がとれます。

さく乳・授乳に特化した専用アプリと連動

  • さく乳器を手元のスマートフォンで操作できます。
  • 本体搭載の3つのリズム以外に、アプリからのみ設定できる3つの吸引リズムを本体に追加することができます。
  • さく乳の記録も簡単にできます。
  • 「保存」と記録した母乳のストック管理もアプリでできます。

これらの機能が、さらにさく乳・授乳をより快適で便利なものにしてくれるんです!

「さく乳器 電動プロパーソナル」の詳細を見る

ピジョン さく乳器 手動

心地いい角度に調節できる可変ハンドルを採用

左:右手の場合、右:左手の場合

左:右手の場合、右:左手の場合

自分の握りやすい位置にハンドルの角度を調節できるエルゴノミクス(人間工学)ハンドルを採用した手動さく乳器。手に負担がかかりにくく、疲れにくい持ち方ができるのが特長です。自分で快適なポジションを見つけて、マイペースでさく乳できるのが手動タイプのよいところですね!

「さく乳器 手動」の詳細を見る ピジョンの「さく乳器」他の種類ももっと知りたい!

ママにも赤ちゃんにもそれぞれ個性があり、一人ひとり違うから、人と比べなくていい。それが母乳育児なのではないでしょうか。赤ちゃんへの愛情があるからこそ、たくさんの悩みができて、それに奮闘する毎日だと思います。一人で頑張りすぎず、人や母乳育児のアシストグッズなどに頼りながら、自分らしい母乳育児のあり方を見つけたいものですね。

※医師のコメントは商品の推奨及び、商品の効果効能を保証するものではありません。

初めてのママ向けコラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加