メイン画像

離乳食が始まると、その準備もあってママやパパは大忙しですよね。そんな忙しい毎日の中でも、赤ちゃんの健やかな成長を考えると、栄養には気をつかってあげたいもの。でも実際、赤ちゃんの離乳食ってどうやって進めていけばいいの?と分からないことが多いのではないでしょうか。

今回は、赤ちゃんの離乳食の進め方や、離乳食を作るうえで気をつかってあげたいことなどについて、医師に話を伺いました。

竹中美恵子先生小児科医竹中美恵子先生

離乳食の上手な進め方とは?

5〜6ヵ月頃

まず大切なのは炭水化物です。ご飯のお粥から始め、慣れて来たら野菜、最後にタンパク質の魚という風に進めるとよいでしょう。

7〜8ヵ月頃

野菜とタンパク質の組み合わせでバランスよく食事をとるように心がけましょう。この頃に出てくる便の中には食べ物の塊などが見られますが、成長の過程で未熟だった消化器の活動が活発になり、だんだんと食べ物の原形がなくなっていきます。便に出ているから消化が悪いのではないかと心配し過ぎなくても大丈夫ですよ。

9〜11ヵ月頃

お母さんから貰っていた蓄えを使い、貧血になりやすくなる時期です。レバーや赤身のお肉などをやわらかくして、タンパク質をしっかりと摂るようにしましょう。また、食事が楽しくなり掴み食べや家族との食事を楽しめるようになってくるのもこの時期です。味付けも食材も少しずつレパートリーが広がっていく時期なので、新たなものに挑戦してもよい時期です。色が綺麗に映えるよう食材のバリエーションも豊かにしてあげてください。

12〜18ヵ月頃

ハンバーグくらいの硬さのものが食べられるようになります。赤ちゃん用のお菓子にも興味が出てくる時期で、1才を過ぎるとフォローアップミルクや牛乳も飲めるようになりますので、1日400ccをめどに飲ませてみるとよいでしょう。

離乳食を作るうえで気をつけてあげたいこととは?

5〜6ヵ月頃

ヨーグルト状になるようにおかゆは全粥で、魚や野菜はミキサーにかけてトロトロにしてください。

7〜8ヵ月頃

火を通して舌で潰せるほどの硬さにしてあげましょう。大きな塊はまだ喉に詰まる可能性があるため、大きなものは細かく刻むようにしてください。

9〜11ヵ月頃

バナナほどの硬さのものが食べられるようになり、7〜8ヵ月の時よりも少し形があるものを食べられるようになります。掴み食べが始まる時期ですので、掴めるほどの大きさにしてあげると赤ちゃんも嬉しいと思います。

12〜18ヵ月頃

柔らか過ぎず、少し形を作って手に握りやすい大きさにしてあげましょう。食材も大人と同じようなもので少し味を薄めてあげると、食に対する興味やみんなと食べることが楽しくなりますよ。

赤ちゃんに離乳食を食べさせるときに気をつけてあげたいこととは?

5〜6ヵ月頃

最初の約1ヵ月はスプーン1杯から始め、初めて食べるものは何かアレルギーのような症状が出たとしても対応できるように、午前中に始めましょう。赤ちゃんの機嫌のよい時、ミルク前に始めるのがオススメです。

7〜8ヵ月頃

最初の1ヵ月は1回食、1ヵ月たって慣れてきたら2回食にしましょう。午前は新しくチャレンジしたい食べ物を。午後は慣れた食物を食べるとよいですね。

9〜11ヵ月頃

食べるペースには個人差があります。1日2〜3回食事を食べられるようになりますが、ミルクも好きなだけ飲むのが大切な時期です。時間がかかるからと焦ったりせず、好きなように食べさせてあげてください。そして、自分がやりたいという意思を尊重し、少しずつ大人が手助けをしなくなるのもよいと思います。

12〜18ヵ月頃

いろいろなものが食べられるようになるので、舌で硬さや大きさ、食感が感じられるようにいろいろなものを食べさせてあげましょう。

最初はあれやこれやといろいろ作りたくなると思いますが、忙しくてなかなか難しいこともあるでしょう。ママにとってはプレッシャーになる場合もあると思います。しかし、食べるものが増えてくると赤ちゃんの体も大きくなってきたり、いろいろな工夫をすることで赤ちゃんが反応してくれるようになったりと、嬉しいこともたくさんあると思います。ぜひ、親子で食事を楽しんでみてくださいね。


赤ちゃんの初めてのご飯(離乳食)だから、美味しくてちゃんと栄養が摂れるものを食べさせてあげたい。でも毎日しっかり作れるか不安もある…。そんな時に使える商品をご紹介します。

今回Doctors Me編集部がオススメするのは、ピジョン「管理栄養士の食育ステップレシピ」シリーズです。管理栄養士さんが監修したこだわりのメニューなので、栄養バランスはばっちり!食卓でもカンタンに取り入れられるようにパウチタイプにしたベビーフードのシリーズです。デイリーに使いたくなるそのポイントをご紹介していきましょう。

point1ラインナップが豊富!その数、全30種類!

ピジョンの「食育ステップレシピ」シリーズなら、月齢によってメニューが分かれているので、赤ちゃんの成長に合わせた栄養を摂ることができます。

また、赤ちゃんに食べさせたい食材の中には、下ごしらえが大変な食材も結構ありますよね。例えばレバーや魚などちょっと面倒な食材も、すでに調理されているから使いやすい!まさに、ママの代わりに作っておきました!という感じです。

しかも、パッケージに栄養バランスや具材の大きさについてのレーダーチャートが載っているので、気になる情報がひと目で分かりやすいのも便利です。

どんなものがあるの?豊富なラインナップを見てみたい!

point2赤ちゃんの成長に合わせて2つのポイントから選べる!

  1. 1 パウチの容量が成長に合わせて「80g、100g、120g」の3段階から選べます。
  2. 2 月齢ごとの固さの表記が追加されたので選びやすい!
    9ヵ月
    歯ぐきでつぶせる固さ
    12ヵ月
    歯ぐきで噛める固さ
    1才4ヵ月
    前歯で噛み切れる固さ
もっと知りたい!
赤ちゃんの成長に応じた固さ、大きさ、量とは?

point3赤ちゃんの食育を想ったこだわりのやさしさ!

赤ちゃんは「食べる」ことがすぐにはできません。離乳食の時期は、赤ちゃんが「食べる」ことを練習する大切な時期でもあるのです。

「管理栄養士の食育ステップレシピ」シリーズは、赤ちゃんとママのことをずっと研究してきたピジョンだからこそ、赤ちゃんの食育を大切に考え作られました。赤ちゃんが食べやすいように素材の味を活かしたうす味仕立てだったり、着色料、保存料、香料、化学調味料も使用していなかったりと、とことん赤ちゃん想いのベビーフードなんです!

食育について教えて!「赤ちゃんのハッピーミール」を見る

レトルトパウチと合わせた、かわいい離乳食レシピを公開中!

ピジョンの「管理栄養士の食育ステップレシピ」シリーズとママの手作り離乳食を組み合わせた、かわいいアレンジメニューをご紹介しています。ちょっとした一手間で毎日の食事が彩り鮮やかに、より楽しくなるレシピがいっぱい!ぜひ試してみてください。

かわいいアレンジ離乳食レシピはこちらから!

初めての育児で疲れている中、日々成長する赤ちゃんに合わせて離乳食の回数や内容を少しずつ変化させていくというのは、意外に大変なこと。「全部手作りしなければ…」とか「手を抜いているようで市販のものは与えにくい…」などと気負わず、ときにはピジョンの「管理栄養士の食育ステップレシピ」シリーズをうまく利用するなどして、ママの心にも余裕を!育児に“完璧”はありません。赤ちゃんと一緒に成長する気持ちで、食事タイムも楽しんでくださいね。

ピジョン「管理栄養士の食育ステップレシピ」シリーズ
を詳しく見る

※医師のコメントは商品の推奨及び、商品の効果効能を保証するものではありません。

初めてのママ向けコラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加