メイン画像

妊娠すると、気になるのが“妊娠線”ですよね。そんな妊娠線、お肌の乾燥が原因のひとつだということをご存知ですか?

今回は、妊娠線をできにくくするポイントや、プレママ期の敏感な肌を美しく保つケア方法について、医師に話を聞いてみました。

小児科医竹中美恵子先生

妊娠線って、どうやってできるの?

妊娠すると体に様々な変化が生じますが、その変化の一つに「妊娠線」があります。
妊娠線は、お腹が前に出てきたり、乳房が大きくなったり、足がむくんだりする時に、急激に皮膚が引き延ばされることによって起こります。
皮膚の表面にあたる「表皮」と、皮膚の下の脂肪などの「皮下組織」は柔軟に伸びるのに対し、表皮と皮下組織の間にある「真皮」は伸びにくく、ひび割れたように皮膚が裂けてしまいます。この真皮の断裂により、皮下組織の血管が透けて見え、赤っぽく見える場合もあります。これが妊娠線です。

妊娠線が出来やすいのはどの部分?

一番できやすいのはお腹ですが、お尻・太もも・胸や二の腕にもできることがあります。体型が急激に変化する妊娠中期や後期に現れやすく、半数以上の妊婦さんが妊娠線を経験すると言われています。

妊娠線は、「肉割れ線」や「ストレッチマーク」とも呼ばれており、体重が急激に増えたり、多胎妊娠(双子や三つ子など)のため腹部が特に大きくなる方や、背が低く相対的にお腹が前に出てしまう方ではできやすくなります。

また、お腹の下のほうや乳房の下のほう、太ももの裏側など目につきにくい場所にできることも多いため、入浴時に鏡で全身をチェックするとよいでしょう。

妊娠線の対策は?

妊娠線ができるのは自然なことですが、産後、体型がもとに戻っても消えることは難しく、皮膚のたるみとともにかえって目立つこともあります。できてしまってからもとに戻すことは困難なため、妊娠線ができる前の予防、できかけのときのケアが大切です。

具体的な予防・対策方法としては、以下があげられます。

  • 1可能な限りで体重コントロールを行う

    急激に体重が増える時期を作らないことが大切です。少しずつお腹が出てくるようであれば、皮膚もゆっくり伸びることができます。
  • 2皮膚の柔軟性を高め、しなやかに伸びやすい皮膚を作るため、保湿を行う

    妊娠線は服に隠れる部位にできることが多いため、顔や手に比べ外気温や湿度の影響は少ないものの、冬は特に乾燥しやすくなります。妊娠中期に入ったころから、クリームなどで乾燥を防ぐケアをしましょう。
    また、下着や腹巻を活用し、皮膚を暖かくしておきましょう。

妊娠期の皮膚はホルモンの影響でかゆみが出やすく敏感になっています。妊娠線予防のためのスキンケア用品を選ぶ際は、低刺激で添加剤の少ないものを選ぶとよいでしょう。また、香りの好みも普段と変わっていることも多く、悪阻のある方もいますので、無香料のほうがよいかもしれません。
お腹の皮膚に使うものなので赤ちゃんへの影響が気になる方もいるかもしれませんが、ステロイド剤を大量に塗ったりしない限り、皮膚から体内に吸収される薬剤はほぼありませんので、赤ちゃんへの悪影響はあまり過敏にならなくてもよいと思います。
スキンケア用品を上手に利用して、できる前から早めの妊娠線ケアを行いましょう。

柔軟性のあるしっとり肌に導くためには、早いタイミングからの“保湿”がとっても大切なんですね!

今回Doctors Me編集部が保湿ケアにオススメするのが、ピジョンより新発売の「保湿ボディケアクリーム」です。1日1回のケアで24時間しっとりキープできる、忙しいプレママにもぴったりのボディケアクリームについて、その魅力をご紹介していきましょう!

秘密はトライアングル成分!24時間“しっとり”が続くから、1日1回のケアでOK!

お肌をしっとり柔らかく保つには、なんといっても保湿成分が重要!ピジョンの「保湿ボディケアクリーム」は、「潤いを与える」「弾力(ハリ)を与える」「水分をキープする」という、保湿に必要な3つの働きを備えたトライアングル成分を全て配合しているから、24時間保湿。
1日1回のケアでいいから、忙しいママでも無理なく続けられるのがうれしいですね。
1日1回のケアでしっとり肌へ!うるおいのトライアングル成分をチェック!

スーッとのびて、ぬりやすい!

肌なじみがよく、べたつきが少ないのが特徴です。のびがよいのでどんな場所にでもつけやすいというのも、体型がどんどん変化していく妊娠中のママにはうれしいポイントですよね。
先輩ママの声を聞いてみよう!

専門家と先輩ママが共同開発!これぞ“本当にほしい”クリーム

「保湿ボディケアクリーム」は産婦人科医や助産師など、専門家のアドバイスをもとにつくられました。さらに先輩ママの声もしっかりリサーチ!とことん追求した結果できた、“ママが本当にほしいボディクリーム”です。ぜひ手にとってみてください!

無香料で低刺激! 赤ちゃんにも使えるやさしさ

においに敏感なつわり期のママにもうれしい、無香料です。さらに無着色、パラペンフリー、アルコールフリー、弱酸性と“やさしさ”がぎゅっと詰まったクリーム。産後は赤ちゃんと一緒に使うことができます。
赤ちゃんにも使えるやさしさ!そのヒミツとは?
ピジョンの「保湿ボディケアクリーム」は保湿性が高く、肌を1日中リッチなうるおいへと導いてくれます。妊娠中も、産後も、うるおいのある美しい肌を保ちましょう!
Amazonで商品をチェック

※医師のコメントは商品の推奨及び、商品の効果効能を保証するものではありません。

初めてのママ向けコラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加