メイン画像

赤ちゃんを出産するとまもなく始まる「授乳」。特に新米ママにとっては、一体どのような姿勢でおっぱいをあげるのが一番よいのか、気になる人も多いと思います。実は、授乳をするときの赤ちゃんの抱き方って、さまざまな種類があるのをご存知ですか? ママはもちろん、赤ちゃんにとっても負担が少なく、お互いがリラックスして授乳できる姿勢を見つけたいですね!

今回は、ママと赤ちゃんにとって心地よい授乳姿勢や、授乳するときの注意点について、医師に話を伺いました。

竹中美恵子先生小児科医竹中美恵子先生

授乳姿勢ってどんなものがあるの?

  • 1. 横抱き

    赤ちゃんを横向きに抱きかかえて授乳する、もっとも一般的なスタイルです。赤ちゃんの身体が安定するので母乳を飲ませやすく、また、授乳用のクッションなどを使うと、より楽に身体を安定させることができ、ママも赤ちゃんも楽な姿勢で授乳することができます。

  • 2. 縦抱き

    赤ちゃんの身体を起こし、ママの太ももにまたがらせるように座らせて、正面から授乳します。赤ちゃんの首を支えながら、正面からしっかりと抱くことができるため、母乳を飲ませやすい姿勢です。

  • 3. 交差抱き

    赤ちゃんを小脇に抱えながら、吸わせる乳房と反対の手で赤ちゃんの頭を支えて授乳するスタイルです。赤ちゃんの首を固定しやすいので、首が座る前から行える授乳法で、双子のママは一番重宝する授乳姿勢と言われています。

  • 4. 添い乳

    赤ちゃんとママが一緒に横になり、向かい合った姿勢で授乳するスタイルです。座ったまま授乳をするのが難しいという場合は、これが一番負担が少ない姿勢かもしれません。

    私自身は、抱っこをしながら授乳をしていると肩こりや腰痛がとれなかったため、赤ちゃんの骨格がしっかりしてきた半年をめどに、よくこの姿勢で授乳していました。しかし添い乳は、赤ちゃんにとってはゲップが出にくかったり、ママにとっても一定方向の乳腺ばかりを使うことになるので、この姿勢ばかりではなく、さまざまな他の授乳姿勢と組み合わせて行うとよいでしょう。今からお昼寝をするというときには、重宝するスタイルかもしれませんね。

  • 5. 四つん這い授乳

    赤ちゃんを仰向けに寝かせ、その上からママが四つん這いになって赤ちゃんに覆いかぶさって授乳するスタイルです。乳頭に向かって重力がかかるため、おっぱいが出やすくなります。乳腺炎になりやすい方やうつ乳の方は、この姿勢で授乳されてみてはいかがでしょうか。

授乳するときのポイントは?

赤ちゃんをしっかりと安定した姿勢で授乳させてあげることが大切です。「どうしよう、落としてしまいそうだな」といった不安があると、お乳の出が悪くなったり産後のストレスがたまってしまうなど、ママの精神的にもよくありません。しっかりと密着するように赤ちゃんを固定して、授乳を行いましょう。

なにより大切なのは、赤ちゃんもママも、お互いがリラックスして心地よく授乳の時間を共有できること。ママと赤ちゃんの一番大切なスキンシップの時間ですからね。

新米ママにとってはすべてがはじめての経験で、慣れずにあたふたしたり、うまくいかないことの連続だと思います。私も最初は1日の大半を授乳して過ごすため、さまざまな姿勢を試みました。そのすべてに、メリット・デメリットがありました。

乳腺は放射線状に広がっているため、いろいろな姿勢で授乳させることで、すべての乳腺から滞りなく母乳を出すことができます。授乳スタイルを1つと決めてしまうのではなく、赤ちゃんとコミュニケーションをとりながら、いろいろな姿勢を試してみてくださいね。

はじめての授乳は、ママも赤ちゃんも試行錯誤してしまいますよね。授乳姿勢にもさまざまな種類があることを知っておき、ママと赤ちゃんの双方にとって、心地よいと感じる授乳姿勢を見つけられるといいですね。
また、授乳のとき、毎回ママのおっぱいを直接あげることができるとは限りませんよね。ママの代わりにパパが授乳することだってあるはず! パパが授乳するときも、ママがおっぱいをあげるときとできるだけ同じように、リラックスした姿勢で自然に授乳してあげたいものです。

そこで今回DoctorsMe編集部がオススメするのは、ピジョンの「母乳実感®」哺乳びんと乳首です。子育て中のママの投票によって決まる「マザーズセレクション大賞2016」を受賞するなど、現役ママたちにも好評です。その人気のヒミツを、4つのポイントから探ってみましょう。

授乳しやすさと使いやすさを考えた
「母乳実感®」哺乳びん・乳首とは?

Doctor Meオススメ!

「母乳実感®」哺乳びん・乳首

ピジョンの60年にわたる研究の末に生まれたこのアイテムは、赤ちゃんがママのおっぱいを飲むときの口の動きに着目し、たとえ生まれたばかりの赤ちゃんでもスムーズに飲めることに、とことんこだわって作られた哺乳瓶です。たとえば、ママが直接おっぱいをあげられないときや、搾乳器を活用して保存しておいた母乳をパパが授乳するときなどにも活躍するんです!

さまざまな姿勢で快適に授乳できる!
手にフィットして授乳しやすいボトルデザイン

POINT 1
ママと赤ちゃんが無理のない姿勢で授乳できるよう、さまざまな授乳姿勢でも持ちやすく、手へのフィット感を追求した丸みのあるボトルです。またびんの口が広いから、母乳の移し替えやミルクの調乳がしやすく、さらに洗浄のシーンでも使いやすいのがポイントです。

赤ちゃんがおっぱいを飲むときと
同じ口の動きを再現できる「乳首」

POINT 2
「母乳実感®」哺乳びんには、専用の飲み口「母乳実感®」乳首がついています。これは、赤ちゃん、特に生まれたばかりの新生児がママのおっぱいを直接飲むときと同じ“口の動き”を再現できるよう、形やサイズをとことん追求して作られたものなんです。

口径は広く、乳輪部分はすっきりした形で、赤ちゃん特有の口の形や飲み方にあった、独自の構造になっているのが特徴です。唇を密着できるから、余分な空気が入りにくくしっかり飲むことができ、おっぱいとの併用もスムーズにできますね!

赤ちゃんがスムーズに哺乳できる!
「乳首」の柔らかさと肉厚

POINT 3
赤ちゃんが直接おっぱいから母乳を飲むときは、舌を波のように動かし、乳首をしぼるようにして母乳を出します。「母乳実感®」の乳首は、その動きを再現できる柔らかさと肉厚を実現。また、生まれたばかりの赤ちゃんでも適切な量のミルクが口の中に入っていき、むせ込みが頻発しないよう成長段階によって適切な乳首に変えられるなど、工夫がされています。

赤ちゃんの成長に合わせて哺乳びんの飲み口
「母乳実感®」乳首のサイズを変えられる!

POINT 4
実は、赤ちゃんの飲み方は成長とともに変わるということをご存知ですか? たとえば、生まれたばかりの赤ちゃんと生後半年を迎える赤ちゃんとでは、それぞれの口に心地よくフィットする吸い穴の形や大きさが異なるのです。
そこで、赤ちゃんの月齢に合わせた飲み方や量に対応できるよう、新生児期の赤ちゃん専用のSSサイズから、離乳期以降の赤ちゃんの哺乳に合ったLLサイズまで、5サイズの「乳首」をラインナップ。それぞれ乳首のやわらかさや吸い穴の形、大きさなどが工夫されており、月齢に合わせた飲みやすさを追求しています。
新生児~離乳期まで5サイズをラインナップ!
「母乳実感®」乳首を詳しく見る

Doctor Meオススメ!

さく乳器「母乳アシスト®」手動

やわらかフィットカバーを採用しているからおっぱいにも負担がかからず、はじめて搾乳器を使うママにもオススメ! 女性でもにぎりやすいハンドルで、吸引の圧力と速さを自由に調節できる「手動さく乳器」です。ママが直接おっぱいをあげられないときにも、母乳を保存して赤ちゃんにあげることができるなど、母乳育児をアシストしてくれるアイテムです。

また、「母乳実感®」哺乳びん(プラスチック製・160ml SSサイズ乳首付)が1本入っているので、1セットあれば搾乳から授乳までができ、おっぱいと併用したいときもすぐ使い始められますね。
さく乳器「母乳アシスト®」手動を詳しく見る
授乳をするときの姿勢はもちろんのこと、赤ちゃんの成長に応じて変わるミルクの飲み方に対応するため、哺乳瓶選びも大切なポイントなんですね!「母乳実感®」の哺乳びんと乳首を活用すれば、おっぱいとの併用もスムーズにできそうです。
はじめのうちは慣れなくて戸惑うこともたくさんあると思いますが、哺乳瓶で授乳するときも、おっぱいで授乳するときとできるだけ同じ環境を作ってあげることが大切です。ママもパパも赤ちゃんも、みんながリラックスして心地よく授乳できるスタイルを探してみましょう!
心地よい授乳生活をアシスト!
「母乳実感®」哺乳びん・乳首を詳しく見る

※医師のコメントは商品の推奨及び、商品の効果効能を保証するものではありません。

初めてのママ向けコラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加