メイン画像

暑い夏、ついつい冷房で室内を冷やし過ぎたり、風にあたり過ぎてしまったり、薄着になり過ぎてしまう…なんてこともありますよね。でもそれが妊婦さんにとっては、身体を冷やしてしまうだけでなく、お肌の乾燥につながることも。妊婦さんにとって、冷えと乾燥はまさに大敵!「夏だから大丈夫」と油断していませんか?
今回は、暑い夏だからこそ気を付けてほしい「冷えや乾燥」について、医師からアドバイスいただきました!

藤東淳也先生Doctors Me医師藤東淳也先生

夏の「冷え」が妊婦さんに与える影響とは?

夏は、浴槽に浸からずにシャワーで済ませたり、ノースリーブや素足、サンダルといった薄着になる機会が多かったり、冷房を効かせた室内にいることも多いため、意外にも体は冷えやすいと言えます。

ですが、子宮は体の内部にあるため、手足の先が冷えていたり、冷たい飲食物をとったからといって、すぐに子宮自体や羊水の温度が下がるということはないと考えられます。とは言っても、妊婦さんが体を冷やすような服装をしたり、冷たい飲食物を多くとると、お腹の張りや足のむくみ、腰痛といった症状が起こる可能性があります。

《対策》

以下のことに気をつけましょう。

  • 冷たい飲食物を控え目にする
  • お腹や骨盤周りは特に冷やさないように心がけ、薄着になりすぎないようにする
  • シャワーだけでなく、湯船にしっかりつかるようにする

《気をつけること》

妊娠中の「冷え」には注意が必要ですが、夏場の暑い室内で冷房もかけずに過ごすと、熱中症や脱水の危険も考えられます。妊婦さんは、お腹や下半身を温めつつ、冷房を併用するなどして、快適と感じられる室温に調節しながら過ごすことが大切です。

夏場の冷房による「乾燥」が、妊婦さんに与える影響は?

妊婦さんの肌は、女性ホルモンであるプロゲステロンの作用で、かゆみを感じやすくなっています。そこに乾燥が加わると、さらに皮膚のバリア機能が低下し、かゆみがひどくなります
また、乾燥すると皮膚にしなやかさがなくなり、妊娠線もできやすくなります。

《対策》

妊娠線は、皮膚が引き延ばされることで真皮(皮膚表面と皮下組織の間)が裂けて起こります。一旦妊娠線ができて色素沈着が残ると、消すのは難しいため、皮膚を保湿して予防することが大切です。また、妊娠線はお腹だけでなくお尻や太もも、乳房にもできることがあるため、夏でも全身の保湿ケアをするとよいでしょう。

妊婦さんはただでさえ体温が高く、のぼせやほてりを感じやすいですが、体型の変化もあり、夏になるとさらに過ごしにくくなります。「冷え」対策をするとともに、水分補給をしっかりとし、夏の暑さに負けないようにしましょう。また、衣服など身につけるものは、通気性が良く、汗を吸収して乾きやすいものを選んで、暑い夏を乗り越えましょう。

ママ自身の身体のためにも、冷えや乾燥の対策は夏場こそ気をぬかず、しっかり行うべきなんですね。

そこでDoctors Me編集部がご紹介するのは、肌の保湿ケアにオススメの「保湿ボディケアクリーム」と、おなかを冷えから守る「妊婦帯」です。冷えと乾燥から守ってくれるプレママの必須アイテム! まずは、夏の乾燥対策には欠かせない「保湿ボディケアクリーム」から見ていきましょう。

夏の乾燥対策

暑い夏でも、さらっと使える!
ピジョン「保湿ボディケアクリーム」で簡単しっとりケア

夏は暑さでついついケアが億劫になってしまうプレママもいるのではないでしょうか?暑い季節にも使いやすいアイテムなら、毎日のケアもラクに続けられますよ。その使いやすさのヒミツをご紹介しましょう。

  • POINT

    1日1回のケアでOKだから簡単!
    暑い時期、何回もクリームでケアはやりたくない…。これなら、1日たったの1回でいいからラク!

  • POINT

    スーッとのびて、サッと肌になじむから、ケアがらくちん!
    短時間でさっとケア完了。のびがいいクリームだから、おなかなど広い範囲や全身のケアも簡単です。さらっとした塗り心地で、ベタつきが気になりがちな夏場にもぴったり。

  • POINT

    それでいて、保湿力はしっかりキープ
    「弾力(ハリ)を与える」「潤いを与える」「水分キープ」の”保湿の3つの働き”をすべてカバーする成分配合だから、24時間しっとりキープ。

  • POINT

    その他にも、プレママにオススメのポイントがたくさん
    つわり期にも使いやすい無香料、デリケートなプレママの肌を考えた低刺激処方。産後は赤ちゃんにも使えます。

  • POINT

    ピジョン「保湿ボディケアクリーム」は、産婦人科医、先輩ママと共同開発
    専門家のアドバイスとママたちの声を元につくられているから、使いやすい! プレママのことを考えてつくられた、「これなら続けられる」保湿クリームです。

Amazonで見る 1日1回のケアで24時間しっとりキープ
ピジョン「保湿ボディケアクリーム」とは?

夏の冷え対策

おなかを冷えから守る「妊婦帯」
夏にオススメのムレにくいタイプ

冷えすぎを防ぎ、おなかをサポートしてくれる「妊婦帯」。夏は外気が暑いため、着けると暑そう…と、敬遠してしまうプレママもいると思いますが、夏こそ使うメリットはたくさんあるんですよ!
夏に気をつけたい「冷房などによる冷えすぎ」を防いでくれるのはもちろん、汗を吸ってくれるので、汗をかいた後に身体が冷えすぎるのを防ぐ面も。

今回は、暑い時期にも使いやすい、ムレにくいタイプのアイテムをご紹介します。
妊娠初期~臨月までずっと使える

ムレにくい はじめてママの妊婦帯セット

はじめての妊婦帯におすすめのタイプ
おなかを下からささえるベルトとはらまきのセット。はらまきは、サラッとした肌触りが快適な薄手素材。薄着の季節にもアウターにひびきません。ベルトも通気性がよい素材で、ムレを気にせず使えます。それぞれ単品でも使えるので、特に暑い時期にはベルトだけで使うのもおすすめ!
Amazonで見る 「ムレにくい はじめてママの妊婦帯セット」
詳細をみる
仕事や外出時にオススメ

ムレにくい おなからくらく妊婦帯パンツ

1枚ばきOK!
はくだけで簡単におなかをサポートできる妊婦帯パンツショーツなしで1枚ばきできるので、暑い時期にもらくちんです。外出時にもオススメ。吸汗速乾素材を使用しているから、汗をかいてもべたつかず、サラッと快適です。
Amazonで見る 夏でもムレにくい「はじめてママの妊婦帯セット」
詳細をみる
妊娠中期~臨月までオススメ

ムレにくい らくらく調節妊婦帯ベルト

しっかりささえる
おなかの重みを下からしっかり支えて、腰への負担をやわらげてくれる妊婦帯ベルト通気性がよく、ムレにくいメッシュ素材です。内側(肌側)は綿100%だから、肌が敏感になる妊娠期にもやさしいつけ心地。両サイドのベルトでおなかの大きさや体調に合わせてサポート力を調節できるから、はじめてのママにも簡単に使えます。
Amazonで見る 「ムレにくい らくらく調節妊婦帯ベルト」
詳細をみる
他にもいろいろな妊婦帯があります。
ピジョンの妊婦帯について詳しくはこちら

妊娠期は、おなかの中の赤ちゃんに愛情をたっぷり感じながら過ごせる、貴重な時間です。ママと赤ちゃんへのやさしさが詰まったピジョンのアイテムで、油断しがちな夏こそしっかり「冷え」と「乾燥」対策をおこなって、より快適に、ストレスなく夏を乗り切れるといいですね!

※医師のコメントは商品の推奨及び、商品の効果効能を保証するものではありません。

初めてのママ向けコラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加