メイン画像

妊娠から出産にかけて、女性の身体はそれまでと大きく変化します。出産という一大イベントを終え、安心したのもつかの間…。今度は「体重は戻ったのに、妊娠前と全然違う体型になってしまった」「体型を戻したいけれど、どうしたらいいか分からない」という新米ママたちのお悩みの声が。まだ妊娠中のプレママにとっても、産後、どうやって引き締めていけばいいのか、とても気になりますよね。

そこで今回は、産後に体型が戻りにくい理由や無理のない体型リフォームの仕方について、産婦人科医に伺いました。

藤東淳也先生Doctors Me医師藤東淳也先生

産前と産後で、女性の体ってどんな風に変化するの?

妊娠してから女性の体は大きく変化します。赤ちゃんは生まれる時、骨盤の骨に囲まれた穴を通り抜ける必要がありますが、赤ちゃんの頭のサイズと骨盤の穴のサイズには、あまり差がありません。空間的に余裕がないため、骨盤の骨のすき間を開き、骨のつなぎ目(関節)を固定している靭帯がゆるんでしまいます。出産後、骨盤の関節は徐々にもとに戻りますが、特に出産直後は疲労もあって「体がばらばらになったようだ」「立ち方を忘れてしまったように分娩台から立ち上がれなかった」という方もいるようです。

帝王切開の場合は、経腟分娩よりは骨盤の動きは少ないですが、妊娠によって骨盤が開いて産後閉じていくという過程は、経腟分娩と同じです。

産後に体型が崩れる原因ってなに?

足を組む、横座りをするなどの習慣があると、骨盤がゆがんでしまいリンパ液の流れや血流が悪くなって太りやすくなると考えられています。また、冷えも脂肪が落ちにくくなる原因の一つとして考えられています。

  

そのほか、産後の育児ストレスや、赤ちゃんのお世話で慢性的な睡眠不足になること、自分はバランスの良い食事を摂る余裕がなく、さらに授乳でお腹が空くことから、食生活が高カロリーな食品やお菓子に偏りがちになることも関係しています。

産後は母体の回復や授乳、赤ちゃんのお世話にエネルギーを消費する反面、規則的な運動習慣は守りにくく、人によっては消費エネルギーを摂取カロリーが上回る人もいるようです。


また、妊娠中に大きくなった子宮に押されて腹筋が薄く引き伸ばされ、産後すぐには回復しないことが、お腹のたるみの原因の一つとされています。帝王切開では、腹筋をかき分けて切開しているため腹筋自体を切断しているわけではありませんが、傷の痛みから腹筋に力を入れにくくなることがあります。

産後に体型を戻すには、どんな対策をすればいいの?

腹筋を鍛える運動としては、寝たままお腹に力を入れたり緩めたりと様子を見ながら徐々に負荷をかけていきましょう。出産で傷ついている骨盤底筋群を回復させるための体操(ケーゲル体操)を行うのもよいですね。

骨盤ベルトや矯正下着を補助的に使用する方法もありますが、産後1ヵ月ぐらいまでは悪露が続くため、脱ぎ着がしやすく骨盤をサポートしてくれるもののみにして、しっかりと体型を補正できるものは悪露がおさまってからつけるのがよいでしょう。


産後の骨盤のゆるみに対してどう対処するかは、医師・助産師や整体技術者によってかなり考え方に差があります。分娩台の上で数時間安静にし、骨盤ベルトを締めてから動かすという産院もあれば、出産直後に歩いて病室まで移動する場合もあります。受診している施設の助産師に相談し、産後の骨盤ケアをどうすればよいか事前に考えておくとよいでしょう。

産後は体型・体調・精神的な面で多くの変化が訪れます。不安なことも多いと思いますが、「こうでなければならない」と厳密に考えるよりも、自分の体が気持ちいいように、心が楽になるように行動していくのがよいと思います。

出産がはじめてのママは、体型を正しく戻すと言っても実際何から始めればいいのか、想像がつきにくいことも多いですよね。

そこでDoctors Me編集部がおすすめするのは、産後すぐから使えるリフォームインナー「産後はじめてセット」と、産後の骨盤ケアと体型リフォームに必要なアイテムがすべてそろった「産後パーフェクトセット」です。どちらもシーンや時期に合わせて、単品でも組み合わせても使える、便利なセットです。何を選べばいいか分からないという新米ママは、要チェックですよ!

Doctors Me編集部オススメ!

産後すぐから使える!はじめてママにぴったりの”骨盤ケアセット”

産後はじめてセット
産後すぐ、入院中から使える骨盤ケアのセットです。それぞれ単品でも、セットでも使えてとっても便利! 肌ざわりがいい、やさしい素材を使っているから、横になることが多い産後すぐの時期でも、快適につけることができます。
セット内容

はくだけで簡単に骨盤の引き締めができる「骨盤サポーター」です。はらまき状で着用しやすく、安定感のあるつけ心地が◎!伸縮性のよい素材で、ストレスなく骨盤をひきしめることができます。

巻くだけ簡単着用で骨盤をしっかりサポートする「骨盤ベルト」です。内側に仮留め用のベルトがついているから、はじめてのママにも簡単!前面は2段式でおなかのたるみに合わせてサイズ調整可能。産後の骨盤をしっかり引き締めてくれます。

はじめてママの骨盤ケアにおすすめ
「産後はじめてセット」の詳細をみる
Amazonでみる

Doctors Me編集部オススメ!

産後リフォームをこれ1つでトータルにケア

産後パーフェクトセット

これ1つで、産後の骨盤ケアからボディラインの回復までカバーしてくれるセットです!3つのアイテムで、無理なく段階的に引き締めることができます。それぞれ単品で使えるのはもちろん、シーンや体型に合わせて組み合わせながら、長く使えるのが嬉しいですね。

セット内容

産後すぐから

まずは、産後でゆるんだ骨盤を「骨盤ベルト」で引き締めてあげましょう。産後すぐ、入院中から使うことができます。後ろから前に回してまいて留めるだけでOK。前面はに2階式で留めやすくサイズ調整も簡単です。

産後1ヵ月ごろから(悪露が落ち着いた頃から)

体調(悪露)が落ち着いたら「骨盤ウエストサポーター」で、気になるウエストや下腹部をシェイプ!はくだけでOKのはらまきタイプで、装着簡単!薄手素材でアウターにもひびきにくいのがうれしい。

産後1ヵ月ごろから(悪露が落ち着いた頃から)

ウエストだけでなく、太ももやヒップなど下半身も一緒に引き締めたい時は、「骨盤リフォームガードル」で集中ケア!ベルトやサポーターと一緒につけてもOKです。ショーツなしで1枚履きもOKなのが便利。さっと履くだけで引き締めが実感できる、もっていると便利な1枚です。

産後リフォームをトータルでサポート!
「産後パーフェクトセット」の詳細をみる
Amazonでみる

“産後リフォーム”と聞くと、キツそう、使えるかな?と不安に思うプレママもいるかもしれません。でもピジョンのリフォームインナーなら、それぞれの時期やシーン、ライフスタイルに合わせて自由に組み合わせて使えるから、無理なくカラダを引き締めることができます。「とにかく使いやすい」「これなら続けられる!」と、新米ママにも大好評! 自分の体調と相談しながら、無理のない方法でキレイな体型を取り戻しましょう。

めざせ理想のボディ!
産後リフォームのすすめ方ガイドはこちら

※医師のコメントは商品の推奨及び、商品の効果効能を保証するものではありません。

初めてのママ向けコラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加