メイン画像

赤ちゃんのお肌といえば、ぷるぷる、すべすべ、もっちりのイメージがありますよね。放っておいても赤ちゃんのお肌はいつも潤っている!と思っていませんか? でも実は、赤ちゃんの皮フの薄さは大人の2分の1ほどしかなく、非常にデリケートらしいのです。
これから特に乾燥が気になる寒い季節になります。赤ちゃんのお肌は、どんな場面でどのようなケアをしてあげるべきなのでしょうか? 医師に話を聞いてみました。

藤東淳也先生産婦人科医藤東淳也先生

赤ちゃんの皮膚と大人の皮膚の違いって?

赤ちゃんの皮膚と大人の皮膚には、主に厚さに違いがあります。
大人の皮膚は、約2㎜程度の厚さ(手足などの厚い部分を除く)がありますが、赤ちゃんの皮膚は大人の半分程度の厚さしかないと言われています。

赤ちゃんのお肌の特長は?

赤ちゃんのお肌は大人よりも薄いため、皮膚のバリア機能が弱く、水分が蒸発しやすく乾燥しやすい状態です。また、外界からの刺激にも弱く、ひっかく・こするなどの刺激で赤くなりやすかったり、汗・よだれ・おしっこ・うんちなどのちょっとした刺激で、すぐにお肌が荒れやすい状態にあります。
皮脂の分泌も、生後3ヵ月頃までは多く、その後徐々に分泌が少なくなったりと、変動が激しい状態です。

赤ちゃんのお肌が乾燥しやすい時って、どんな時?

  • お風呂上がり、プールのあと
  • こすりすぎなどで皮膚の角質や脂分を取りすぎたとき
  • 紫外線を浴びたとき

赤ちゃんのお肌の乾燥対策を教えて!

1こすりすぎない

こすることで皮膚の表面を傷つけ、バリア機能がうまく働かなくなる可能性があります。汗やよだれを拭くとき、オムツ替えでお尻を拭くとき、入浴後に体を拭くときなど、日常生活では様々なシーンで赤ちゃんのお肌を拭くタイミングがあります。その際はこすらず、上から押さえるようにやさしく拭きましょう

うんちがお尻にべったりついているときなど、どうしてもしっかり拭き取る必要がある場合には、おしりふきでざっと取ってから、洗面器にお湯を張ってお尻を洗ってあげるのもよいでしょう

2石けんやシャンプー、洗剤などは、お肌にやさしいものを選ぶ

赤ちゃんのお肌を直接洗うものは、できるだけ刺激の少ないものを選びましょう。ものによっては、赤ちゃんのお肌には洗浄力が強く、皮脂や角質を取り過ぎてしまうものもあるので注意しましょう。洗い方は、泡でお肌を包み、なでるようにやさしく洗いましょう。

3水分と脂分を補い、保湿をする

特におふろの後は、赤ちゃんの薄いお肌から水分や脂分がすぐに蒸発しないよう、ローションやクリーム、オイル、乳液、軟膏など、赤ちゃんのお肌に合うもので、水分や脂分を補ってあげましょう。

赤ちゃんのお肌は傷つきやすいと同時に、強い回復力も持っています。赤ちゃんのお肌が荒れてしまった…、ママの責任だ! などと思わずに、どうしたらいいか迷ったときは、皮膚科や小児科の医師に相談しながら、楽しく育児していきましょう。

赤ちゃんのお肌って、しっとりスベスベに見えて、実はとってもデリケートだったんですね!だから、こまめにケアしてあげることが必要なんですね。
これからはだんだん寒く、空気も乾燥してくる季節。赤ちゃんの保湿ケアもますます欠かせなくなってきそうです。毎日使うものだからこそ、赤ちゃんの保湿ケア用品はやさしいものを使ってあげたいですよね。では、どんなものを選べばよいのでしょうか。

そこで今回Doctors Me編集部がオススメするのが、ピジョンの「ベビーミルクローション うるおいプラス(120g / 300g)」です。生後0ヵ月の赤ちゃんから使える、やさしくてしっとり潤う高保湿ローション。その魅力をご紹介していきましょう!

1おすすめポイント

生後0ヵ月頃から使える! そのわけは…?

生まれたばかりの赤ちゃんのお肌は、特にデリケートです。そんな赤ちゃんのお肌に使えるその理由は、弱酸性・無着色・無香料、さらにパラベンフリーと、とにかく“やさしさ”がぎゅっと詰まったローションだからなんです。

知っておくと便利!
赤ちゃんのお肌の特徴って?

2おすすめポイント

サッとケアできて、うるおいはしっかり!
リッチなしっとり感が続く!

赤ちゃんのお風呂やおむつ替えは、意外とやることが多くて大変です。バタバタしてしまう時間だからこそ、スキンケアはサッと終わらせたいもの。ピジョンの「ベビーミルクローション うるおいプラス」なら、スーっとのびて、肌なじみがよいのでムラなく塗ることができます。塗った後もベタつきにくいので、ケアも簡単です。
また、シアバター(保湿成分)配合なので、乾燥する時期でもリッチなしっとり感が持続してくれるのも嬉しいですね!

すぐに購入できる、Amazonへはコチラから

3おすすめポイント

使い分けとこまめなケアで赤ちゃんのうるおいお肌をしっかりキープ

デリケートな赤ちゃんのお肌は、1日のうち保湿ケアをした方がいいタイミングが、意外にもたくさんあるようです。お家にいる時は大容量タイプの300gを使ってこまめにケアを。赤ちゃんと一緒におでかけする時は持ち運びに便利な120gを!
使い分けすると、赤ちゃんのお肌をこまめにケアしてあげられるので、うるおいをしっかりキープできますね。

赤ちゃんのスキンケア、
実はこんな時もケアのタイミング!

やわらかく、もちもちした赤ちゃんのお肌。乾燥が厳しくなる前から、しっかりケアしてあげたいですね。赤ちゃんの身体にじかに塗るものだから、お肌にやさしいものを選んであげてください。ピジョンの「ベビーミルクローション うるおいプラス」で、しっとりうるおうお肌を目指しましょう。

新生児から使える
「ベビーミルクローション うるおいプラス」の詳細を見る
Amazonをみる

※医師のコメントは商品の推奨及び、商品の効果効能を保証するものではありません。

初めてのママ向けコラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加