メイン画像

赤ちゃんが生後6ヵ月ころになると気になりだすのは、「乳歯ケア」ですよね。いつ開始すればいいの? どんなものを使えばいいの? 気を付けるべきポイントは?など、具体的なケア方法を知らずに不安を抱えるママやパパも多いのでは?そんな乳歯のケア、実は“生える前から”始めるのが重要だということをご存知ですか?

今回は「はじめての乳歯ケア」について、専門家に教えてもらいました。

彦坂実な美先生歯科医師彦坂実な美先生

「乳歯ケア」は、いつ始めたらいいの?

乳歯のケアは、実は生まれてきた時点から、または生まれる前からスタートしています

そもそもむし歯の原因は、ミュータンス菌です。生まれたばかりの赤ちゃんの口腔内にはミュータンス菌はいませんが、生後、ママやパパ、家族から感染し、赤ちゃんの口腔内にもミュータンス菌が移ります。ミュータンス菌の移行を防ぐためにも、極力口移しなどは避けたいものですが、赤ちゃんとのスキンシップは大事ですので、完全に断ち切ることはできないでしょう。そのため、赤ちゃんが生まれる前も後も、家族全員がむし歯をなくし、歯のクリーニングなどの口腔ケアをしっかりと行うことが赤ちゃんの乳歯を守ることにつながるのです

また、子どもと大人は必ず別の歯ブラシを使い、1ヵ月に1回程度、清潔な歯ブラシに交換するようにするとよいでしょう。

どうして早期に始めたほうがいいの?

早期から乳歯ケアを始めることで、石灰化に強い、よい歯を獲得することができます。初期むし歯の状態である脱灰(だっかい)が始まると非常に弱い歯になってしまうため、単にむし歯がない状態というだけではなく、口内にプラーク(細菌の塊)がない状態を保つため、プラークコントロールが行き届いた綺麗な口内を保つ必要があります。

また、早期に乳歯ケアを始めることで、自然に歯を磨く習慣が身につくと理想的ですね。

「乳歯ケア」って具体的に何をすればいいの?

赤ちゃんは、個人差もありますが生後約6ヵ月前後で歯が生え始めます。赤ちゃんの歯のお手入れは、歯が生え始めた時点からスタートします。

子どもと親が一緒におこなう“ダブルケア”とは?

乳歯から9才頃までは、「自分磨き」と「仕上げ磨き」のダブルケアがとても大切です。

【自分磨き】

生後1才頃までは、歯ブラシを口に入れてみるだけでもかまいません。歯ブラシに興味を持ち、口の中に歯ブラシが入るという行為をスムーズに受け入れやすくなります。自身の歯を守るという習慣を幼い頃から持つことで、自発的な口腔ケアができるようになるでしょう。

【仕上げ磨き】

子どもだけのブラッシングでは磨き残しが多くあり、特に乳歯は弱くむし歯になりやすいため、ママやパパがおこなう仕上げ磨きは必須です
小学校に入るタイミングで仕上げ磨きをやめてしまう方が多いですが、仕上げ磨きは、9才頃までを推奨しています

子どもの大事な歯を守ることができるのは、ママやパパだけです。正しい知識を身につけて、分からないことがあれば、歯科医や歯科衛生士に相談しましょう。また、歯の生える時期や年齢には、かなり個人差があることを忘れないでください。
ちょっとした工夫で、家での歯磨きを家族全員で楽しい時間にしたいものです。早くから予防・口腔ケアを習慣にし、歯の大切さをママやパパ自身が子どもに伝えてあげてくださいね!

乳歯のお手入れのコツは、赤ちゃんが自分でおこなう「自分磨き」と大人が磨いてあげる「仕上げ磨き」のダブルケアをしっかり行うこと。歯みがきは、虫歯予防の第一歩です! 正しいお手入れ方法を知って、楽しみながら「乳歯ケア」をスタートさせたいですね。

そこで今回Doctors Me編集部がオススメするのは、乳歯のお手入れデビューには欠かせない「乳歯ブラシ」と「仕上げ専用ブラシ」、「ジェル状歯みがき」の3つの基本アイテムです。赤ちゃんとママへの愛と工夫が詰まったアイテムの役割と特徴をご紹介しましょう。

「乳歯ケア お手入れの基礎知識」を見る

歯ブラシをくわえることに慣れよう
赤ちゃんが自分で持つレッスン!

乳歯ブラシ

歯が生えはじめる6ヵ月頃から使える、はじめての乳歯ブラシです。やわらかい素材の両面ブラシだから、くわえる向きを気にせず、口のなかに歯ブラシを入れる練習ができます。小さな手にぴったりフィットするサイズやわらかグリップなど、赤ちゃんが握りやすい工夫がたくさん。のどを突かない安全プレートつきです。

「乳歯ブラシ レッスン1」の詳細をみる

歯が生えはじめる頃から!
ママ・パパが磨いてあげる仕上げ用

仕上げ専用歯ブラシ

歯が生えはじめる6ヵ月頃からの隙間の多い前歯に適した、仕上げ専用の歯ブラシです。ブラシはやわらかくコシのある短い極細毛なので、乳歯や歯ぐきを傷つけにくい仕様なのがうれしいですね!歯の裏にまできちんと届くカーブネック握りやすい三角グリップで、ねらったところをきちんと磨くことができます。

「仕上げ専用歯ブラシ」の詳細をみる

乳歯のお手入れデビューにおすすめ!

乳歯ブラシ ママとしっかり仕上げみがきセット

赤ちゃんが自分で持つ「乳歯ブラシレッスン 段階1」と、パパやママが磨いてあげる「仕上げ専用歯ブラシ」が一緒になった、乳歯のお手入れビューに最適なセットです。虫歯になりやすい乳歯をしっかり守るためにも、このダブルケアがとっても大切! 乳歯ケアがはじめてという方におすすめです。

「乳歯ブラシ ママとしっかり仕上げみがきセット」
詳細をみる

はじめての歯みがきにおすすめ!
フッ素(フッ化ナトリウム)配合!
キシリトールの自然な甘さの歯みがきジェル

ジェル状歯みがき

虫歯の原因となる酸を作りにくい、キシリトールを97%配合(※配合甘味料中)したジェル状歯みがきです。有効成分「フッ素」のチカラで、歯の再石灰化を促進し歯質を強化。虫歯の発生や進行を予防してくれます。さらに、無着色、無香料、パラベンフリー、ノンミント。研磨剤と発泡剤を使用していないので、乳歯を傷つけずに、すみずみまで磨けます。

「ジェル状歯みがき」の詳細をみる

歯みがきのごほうびに

キシリトール配合のタブレットはいかが?

1才6ヵ月頃からは、キシリトールを90%配合(※配合甘味料中)したシュガーレスのタブレットを日頃のケアにプラスしてあげましょう。誤って飲み込んでも器官をふさがないよう配慮されたU字型の形状が特徴です。歯みがきのごほうびやおやつにもオススメ!

「タブレットU」の詳細をみる

乳歯のケアでまず大切なのは、自分で磨く練習だけでなく、専用のブラシでママ・パパがきちんと仕上げ磨きをする「ホームケア」。そしてそのケアグッズは、歯の成長に合わせてアイテムを段階的にステップアップさせていくことも重要なんです。今回ご紹介したアイテムは、一番初期の段階で使うものですが、ピジョンではその後の歯の成長に応じてさまざまなケアグッズをラインナップしています! ぜひチェックしてみてくださいね。

将来生えてくる永久歯のためにも、早い時期から健康で丈夫な歯づくりを心がけましょう!

「乳歯ケア お手入れの基礎知識」を見る

※医師のコメントは商品の推奨及び、商品の効果効能を保証するものではありません。

初めてのママ向けコラム

乳児期のお子さま0~12ヵ月

  • このエントリーをはてなブックマークに追加