予防接種のまとめ

予防接種とは、弱毒化や不活性化された病原体(ウィルス、細菌など)を人為的に摂取することで、体内の免疫機構にその病原体を異物として認識させ、その病原体が次に体内に侵入した際に素早く免疫などを対応させることを目的にしています。

予防接種は、ある集団に対して伝染病の抑制するには非常に費用対効果が高い方法です。
ただ、いかに弱められたり安全性が確認されたりしているワクチンであっても、人間の身体に害をなす病原体を体内に入れるのですから、副作用をなくすことは難しいのです。個人にとってワクチン接種は伝染病にかかりにくくする、または症状を軽くするというメリットと副作用というデメリットの両方を持つものです。予防接種の前に情報をあつめ、しっかりと判断することが重要と言えます。

家族やご自身の予防接種について気になることがあるときはぜひこのページから情報を探してくださいね。

予防接種 311

次へ