健康診断のまとめ

健康診断とは、診察や各種検査を通して健康状態を評価し、疾患の瘴気発見や予防、健康の維持などに役立てていくというものです。
健康診断には学校や職場、地方公共団体などで行われている法令によって実施が義務付けられている診断と、受信者の意思で任意に行われる診断があります。
労働者に対して義務付けられている一般健康診断では、11項目の診断を行うことが義務付けられています。事業者は、常時使用する労働者に対して1年以内ごとに1回は、定期的にこれらの診断を行わなければならないというものです。また、一定の有害業務に従事している労働者に対しては一般の診断のほかにも、特殊健康診断と呼ばれるものが義務付けられています。

診断結果で不明なことや健康診断について気になることがあるときはぜひこのページから情報を探してくださいね。

健康診断 300