抗生物質のまとめ

抗生物質は身体の中で有害となる菌やウイルスを阻害するものです。病院で抗生物質を処方されていて服用されている方も多いでしょう。
抗生物質は基本的に副作用の少ないお薬になります。例えば歯茎が腫れたとき等は悪化しないようにしたり、風邪の際にも普通に処方されたりすることがあります。
しかし、注意しないといけないことはあります。長期間服用すると腸内の善玉菌も殺してしまい、酷い下痢を起こすこともあります。また耐性菌という抵抗を持った菌が出現することがあり、本当に必要な時に効かなくなってしまうこともあります。
基本的には他の薬との相互作用も起こしにくいものが多く、安全に使えるものも多いと言えます。大事なことは「医師の指示通りに抗生物質を使用して悪い菌を早く退治する」ことです。

服用や抗生物質について気になることがあるときはぜひこのページから情報を探してくださいね。

抗生物質 314