救急車のまとめ

救急車は傷病者を搬送、また同時に傷病者の手当てを行うことが、目的とされています。
各自動車工業メーカーが、一般の自動車に法令基準に基いた加工を施し、緊急走行を可能とする為のサイレンや赤色灯等を装備した車両です。医療機器や傷病者の為のベッド、ストレッチャー、酸素ボンベ等が搭載され、救急の処置を行う装備が整っており、自治体の消防本部や医療施設、空港等が保有し運行しています。
通常、車体にはラインや文字がペイントされていますが、色やデザインは保有する自治体等により異なります。
日本には大規模災害などで、多数の傷病者の救急手当てを可能な仕様に開発された、特殊救急車が存在します。大型トラックをベースに製造されており、8床のベッドが搭載可能な大型の救急車です。

救急車の利用など救急車について気になることがあるときはぜひこのページから情報を探してくださいね。

救急車 134