日焼け止めのまとめ

日焼け止めとは、皮膚に太陽が当たったとき、日焼けすることや皮膚が老化することを防ぐための製品です。
日焼け止めには、「紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」が含まれていて、これらが日焼けを防ぐために働いています。前者は紫外線を反射することで、後者は紫外線を吸収することで、肌へのダメージを軽減します。紫外線吸収剤にはアレルギー反応を起こす可能性があるので、日本では特定の成分以外を配合することは禁止されています。

日焼け止めの強さを表すものに、「SPF」と「PA」があります。日焼けが始まるまでの時間を表したものがSPFで、紫外線による皮膚の黒ずみやたるみの防止効果の強さを表すものがPAです。日常的な用途であればSPF35、PA++くらいのものを使うと良いでしょう。

使い方やお悩みなど日焼け止めに関することはこちらにまとめているので、気になることがあるときはぜひこのページから情報を探してくださいね。

日焼け止め 75