胃カメラのまとめ

胃カメラとは、口や葉などから内視鏡を挿入し、胃の内部の検査することやその器具のことです。
胃カメラによって、胃がんや食道がん、胃潰瘍などを発見することができるため、とても大事な検査のひとつです。

「胃カメラを飲む」などという表現があるように、内視鏡を鼻や口から胃の中に通すのには喉などを通過する必要があります。この、喉を通過する際に、嘔吐反射によって吐きそうになるといったことがあります。痛みを感じるという人もいます。内視鏡検査が苦しいといった感想をもらす人がいるのは、こういったことが原因の一つだと考えられます。

しかし、現代では医療技術も発展してきています。内視鏡検査で患者にかかる負担も減り、カメラ自体も小型化が進んでいます。将来的にはさらに負担の少ない胃カメラというものも開発されるかと思われます。

胃カメラ 249