自律神経のまとめ

自律神経は、「交感神経」「副交感神経」から構成されています。交感神経は緊張、副交感神経はリラックスを示します。
精神状態や場面、時間などに応じて「交感神経」「副交感神経」を切り替えることで、精神状態や内臓機能などを調整する働きがあります。
この切り替え機能は「ストレス」のように自律神経を乱す原因によって低下します。すると血行が悪化して、体の各機能を低下させてしまいます。
自律神経は生活習慣やストレスによってバランスが変化します。うつや自律神経失調症などの症状にもつながりますので、音楽を聴いたり進行休したりして自律神経の乱れを正すようにしましょう。

自律神経の整え方など自律神経に関することはこちらにまとめているので、気になることがあるときはぜひこのページから情報を探してくださいね。

自律神経 397