高齢出産のまとめ

高齢出産とは35歳以上で出産をすることです。
現在の日本では、出産する年齢が上がっています。出産をする年齢が上がると、母体や子どもへの影響が増えることがあります。特に、初めての出産が35歳以上の高齢出産の場合、リスクが高まると言われています。体力の低下や卵子の老化、染色体異常による流産や生まれてくる子どもにダウン症などの先天性の異常が起こりやすいなど、リスクが考えられています。

高齢出産に関することはこちらにまとめているので、気になることがあるときはぜひこのページから情報を探してくださいね。

高齢出産 29