あさひ皮フ科

あさひ皮フ科
診療科目:
皮膚科
診療時間:【診療時間】
平 日 9:00~17:30
土曜日 9:00~15:00
休診日 日・祝
『Doctors Me Clinic』を見たとお伝えいただくとスムーズです。
  • 駐車場近く
  • 駅から近い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【旭駅から徒歩5分】地域医療に貢献する皮膚科をめざし、明るいスタッフとともに応対致します。皮膚科の事ならお気軽にご相談下さい



2014年に移転しました!
平成2年の開院以来24年間慣れ親しんだ下島町の診療所より、このたび電車道り沿いの旭町2丁目に新築移転しました。
病状に対するこんせつ丁寧な説明、きめ細かな外用指導など一般皮フ科診療を更に充実させると共に、当院の設備でできる範囲内で美容皮フ科診療も開始いたします。
 
皮膚の患者と心

「皮膚は心の鏡」とも言われ、皮膚の張りや色つやと心の状態は深く関係していると指摘されています。
皮膚の疾患の治療に取り組むにあたっても、患者さんの心の持ち方次第で改善の度合いも違ってくるといわれます。
 
 
ストレスは皮膚の疾患のもと

アトピー性皮膚炎の不登校の子どもが無理して登校しようとして、発疹がひどくなったケースがあります。また、親が過干渉であったり、子どもを強くしかったりした場合つまり、子どもが心理的な圧迫を感じている時には、症状がひどくなっているのです。成人でも、仕事や人間関係でストレスを強く感じている場合、症状が進むケースが多いと思います。例えば、症状がひどいので入院して治療すると、驚くほど症状が改善しますが、退院して自宅に戻り、職場に復帰すると、しばらくして症状がぶり返すこともしばしばです。

喧騒な都会から離れて静かな土地で治療に励んだある患者さんは、とても治りが早かったという例がありました。つまり、仕事や煩わしい人間関係、騒音から解放されてストレスを感じないで治療に専念できたことと関係しているといえるでしょう。  
また、ある小学生は、入院治療をしながら、適度な運動と規則正しい生活を送り、自分のことは自分でやるという「自己規律」を図りながら自律心を育てていくことで、アトピー性皮膚炎を克服した例もあります。

肌のトラブルでお悩みなら、あさひ皮フ科にご相談ください!

病院概要

  • 病院名

    あさひ皮フ科

  • 診療科目
    皮膚科
  • 所在地
    高知県高知市旭町2丁目38番地
  • 電話番号
  • 公式サイト

    http://www.asahihifuka.com/

  • 診療時間

    平 日 9:00~17:30
    土曜日 9:00~15:00
    休診日 日・祝

  • メッセージ

    病状に対するこんせつ丁寧な説明、きめ細かな外用指導など一般皮フ科診療を更に充実させると共に、当院の設備でできる範囲内で美容皮フ科診療も開始いたします。

  • アクセス

    旭駅から徒歩2分

  • アクセスマップ
     
    大きな地図で見る
  • 画像

    ※画像クリックで拡大されます

代表者のプロフィール

  • 氏名
    畠中 謙一はたなか けんいち
  • 経歴

    昭和33年11月23日生まれ
    昭和52年3月 土佐高等学校 卒業
    昭和59年3月 高知医科大学医学部学科 卒業
    昭和59年4月 高知医科大学大学院医学研究科 入学
    昭和59年5月 医師免許(第281779号) 取得
    昭和63年3月 同 大学院博士課程 修了
    昭和63年3月 医学博士 取得(高知医科大学)
    昭和63年4月 高知医科大学医学部附属病院皮膚科 医員
    昭和63年6月 高知医科大学医学部附属病院皮膚科 助手
    平成02年6月 同 退職平成02年7月 あさひ皮フ科 開業