薬剤師への相談

私は、かかりつけ内科医院から「胃腸の持病の逆流性食道炎と、…

相談者(45歳/男性)

私は、かかりつけ内科医院から「胃腸の持病の逆流性食道炎と、以前に患った胃潰瘍で、レパミピト錠100Mgと、ネキシウムカプセル20Mgに、漢方薬の黄連解毒湯の粉薬に、股間部の痒みとアレルギー性鼻炎の飲み薬、エビナスチン塩酸塩錠20Mg」。

これと、かかりつけの耳鼻科医院から「耳鼻科系のめまいで、メリスロン錠6Mgと、アデホスコーワ顆粒10%」を、それぞれ定期処方を、受けてます。


今回、急遽質問したいのは、「耳鼻科系のめまいで、かかりつけの耳鼻科医院で受診してから、そのまま用事に向かったので、その帰宅後である、12月23日深夜つまり、12月24日の午前1時半近く」と、なります。

「辛い食べ物を、食べても無いのに、口の中が辛く感じていて、発熱も測って無いが、平熱は36度8分前後なのが、推定で37度2~3分前後で感じていて、咳も少し出る」症状により、急な風邪に患ったのに、気付きました。

それで「晩ご飯前の食前」として、「自宅にあった、クラシエの葛根湯の粉薬」を飲んで、晩ご飯を食べて食べ終わってから、お腹を落ち着かせた約3時間後、午前6時近くに、元々の持病の飲み薬を飲んで、睡眠に入りました。

ただ「咳が少し出たので、睡眠が摂れ無かった」とあって、「本来なら平日なので、かかりつけ内科医院へ、行くべきなのが、咳での睡眠不足から、向かうのが出来なかった」状況と、なってしまいました。


そこで、質問したいのは「胃腸の持病なり、めまいで定期処方してる飲み薬と、今回の風邪で急遽飲んだクラシエの葛根湯、飲む時間は多少離れてるが、飲み合わせの意味では、心配が無いか?」に、なります。

薬剤師からの回答

飲み合わせに関してのご質問ですが、葛根湯と持病で服用されている薬の相互作用で問題はございません。

葛根湯は、生薬成分にマオウが含まれているため、夕食後から夜寝る時間帯に服用すると、寝つきが悪くなる可能性がありますので、不眠型でしたらご注意ください。

相談者(45歳/男性)

分かりました。
それで「クラシエの葛根湯の粉薬」以外にも、「滋賀県製薬による、液体の飲み薬、葛根湯液WS」も、自宅にあって、説明書きには「体調が中等度以上で、感冒つまり風邪の初期で、汗をかいてない物」的な内容でも、載ってます。

「クラシエの葛根湯の粉薬が、切れてしまったなら、飲まざるを得ない」と、私は思いますが、こちらの液体の飲み薬でも、質問にある定期処方の飲み薬とは、飲み合わせの意味では、問題が無いのでしょうか先生?

薬剤師からの回答

粉剤と液剤は、薬剤の成分(葛根湯エキス)自体は同じですので、問題はございません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題のQ&Aランキング