カウンセラーへの相談

上司が社内恋愛中の同僚をえこひいきしていて不愉快です。すぐ…

相談者(27歳/男性)

上司が社内恋愛中の同僚をえこひいきしていて不愉快です。すぐに二人で消えるし、いちゃつくし、余計な仕事は押しつけてくるしで困っています。どこの会社でもあることとは思いますが、どう対応したらいいですか?

海外の事務所で働いており、日本人は私と上司、同僚の3人しかいません。
そんな中、上司と同僚が付き合い始めた訳ですが、上司の同僚に対するえこひいきぶりと二人の公私混同ぶりに悩んでいます。
とにかく、何か理由を付けてはすぐ二人で消え、帰ってきません。
それから、以下のようなこともあり、
今、異動願いを出そうか悩んでおります。
ただ、私の所属する事務所が地方都市にある関係で、後任が見つからない可能性が高く、
もし異動希望が受理されてもかなり待たされると思います。
それで下手に嫌がらせを受けても、と思い、迷っております。

別に二人に別れて欲しいとも、どちらかに辞めて欲しいとも思いませんが、とにかく不愉快です。
もし出来れば、この職場でもう少し快適に過ごすための知恵をお授けいただけると幸いです。

カウンセラー:今井 さいこ先生からの回答

こんにちは、心理カウンセラーの今井さいこです。
ご相談内容を拝読致しました。

上司と同僚の社内恋愛について悩んでいらっしゃるのですね。
仕事の場ですので、節度をわきまえて欲しいですよね。
異動まで考えていらっしゃるということで、日々のストレスはそうとうなものとお察しいたします。

とにかく「不愉快」というのが率直なお気持ちなのですよね。
上司の方も海外の事務所ということもあり、日本とは違う環境で気持ちが大きくなっているのかもしれませんね。

上司、もしくは同僚の方にやんわりとお気持ちを伝えることはできないでしょうか。
また、伝えた場合に嫌がらせなどをしそうな方たちなのでしょうか。

お話を伺い、上司としての職場での振る舞い(公私混同をしない、部下が仕事をしやすい環境にも気を配る、など)としては改善すべき点があるのは明白です。
本社に異動願いを出して、状況を人事などに話すよりは、まずは直接当事者たちに伝えたほうが、
場としては丸くおさまるのではないかと思います。

ただし、今後ご自身が仕事をする環境を整える意味でも、伝え方には注意を払うのが賢明かと思います。

・お2人が付き合っていることに対してはなんとも思っていない
・だが、否が応でも目に入り仕事がしづらい
・できれば仕事中は、周りも仕事をしやすいように気を遣ってほしい

など、あくまで個人の感情で言っているのではなく、
仕事をする、という観点からの申し出であることを強調すると良いと思います。

ご自身のキャリアを築くためのお仕事ですので、
ぜひ良い環境のもとお仕事ができるよう、お祈りしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題のQ&Aランキング

  • 7か月の第一子を育てています。フルタイムで復職しており、平日は家事は一切しません。週末、夫は料理、掃除、自分のワイシャツのアイロンがけ、私は3人分の洗濯と皿洗いをし、ふたりで子育てをしています。結婚当初、私に夫のやり方で家事をさせようとしましたが、「それなら自分でやって」と断りました。先日喧嘩にな… 続きを読む

  • 7か月の第一子を育てています。フルタイムで復職しており、毎朝6時前に夫の運転で家族3人で家を出て、まず私が通勤バスのバス停で降り、夫は保育園に寄ってから出勤しています。毎日往復5時間です。住まいは大変な郊外で、公共の交通機関は一切ありません。わたしたちが知り合う前に夫が購入しており、現在ふたりでロ… 続きを読む

  • 7か月の第一子を育てています。昨日、子供が起きているというのに、目の前で夫婦喧嘩をしてしまいました。子供は目が離せないので、お互いにどなりながら、子供を抱いたり支えたりしている状態でした。子供は喧嘩の最中もかわらず笑いかけてきたり、声を出してきたりして、胸が痛みました。今までは子供が起きて、その場… 続きを読む

  • 去年色々あり子供を児相に保護され1年間実家で暮らしていました。 今年の8月下旬から主人と暮らすようになりましたが、来年で長女が3歳になり幼稚園に入れるのですが、実家の時も自宅に帰っても子供を園に預けるのが条件の1つなんですが、帰ってから役所が干渉してきて園に入れないから託児所のある仕事をしろと言わ… 続きを読む

  • 一年前に主人がうつ病になり転職を繰り返していて、生活費や住宅ローンを私の両親に出してもらってる生活していますが、主人が借りにいげはいいのに私が毎回両親に申し訳ないと言って借りてるストレスが爆発する。ストレス性の耳鳴り が、一年前から治らず、病院ばかり行っていますがだんだん酷くなっていて寝ていても耳… 続きを読む