カウンセラーへの相談

上司が社内恋愛中の同僚をえこひいきしていて不愉快です。すぐ…

相談者(27歳/男性)

上司が社内恋愛中の同僚をえこひいきしていて不愉快です。すぐに二人で消えるし、いちゃつくし、余計な仕事は押しつけてくるしで困っています。どこの会社でもあることとは思いますが、どう対応したらいいですか?

海外の事務所で働いており、日本人は私と上司、同僚の3人しかいません。
そんな中、上司と同僚が付き合い始めた訳ですが、上司の同僚に対するえこひいきぶりと二人の公私混同ぶりに悩んでいます。
とにかく、何か理由を付けてはすぐ二人で消え、帰ってきません。
それから、以下のようなこともあり、
今、異動願いを出そうか悩んでおります。
ただ、私の所属する事務所が地方都市にある関係で、後任が見つからない可能性が高く、
もし異動希望が受理されてもかなり待たされると思います。
それで下手に嫌がらせを受けても、と思い、迷っております。

別に二人に別れて欲しいとも、どちらかに辞めて欲しいとも思いませんが、とにかく不愉快です。
もし出来れば、この職場でもう少し快適に過ごすための知恵をお授けいただけると幸いです。

カウンセラー:今井 さいこ先生からの回答

こんにちは、心理カウンセラーの今井さいこです。
ご相談内容を拝読致しました。

上司と同僚の社内恋愛について悩んでいらっしゃるのですね。
仕事の場ですので、節度をわきまえて欲しいですよね。
異動まで考えていらっしゃるということで、日々のストレスはそうとうなものとお察しいたします。

とにかく「不愉快」というのが率直なお気持ちなのですよね。
上司の方も海外の事務所ということもあり、日本とは違う環境で気持ちが大きくなっているのかもしれませんね。

上司、もしくは同僚の方にやんわりとお気持ちを伝えることはできないでしょうか。
また、伝えた場合に嫌がらせなどをしそうな方たちなのでしょうか。

お話を伺い、上司としての職場での振る舞い(公私混同をしない、部下が仕事をしやすい環境にも気を配る、など)としては改善すべき点があるのは明白です。
本社に異動願いを出して、状況を人事などに話すよりは、まずは直接当事者たちに伝えたほうが、
場としては丸くおさまるのではないかと思います。

ただし、今後ご自身が仕事をする環境を整える意味でも、伝え方には注意を払うのが賢明かと思います。

・お2人が付き合っていることに対してはなんとも思っていない
・だが、否が応でも目に入り仕事がしづらい
・できれば仕事中は、周りも仕事をしやすいように気を遣ってほしい

など、あくまで個人の感情で言っているのではなく、
仕事をする、という観点からの申し出であることを強調すると良いと思います。

ご自身のキャリアを築くためのお仕事ですので、
ぜひ良い環境のもとお仕事ができるよう、お祈りしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題のQ&Aランキング

  • 夫とのコミュニケーション、保育園とのコミュニケーションについて相談です。 現在海外に暮らしており、0歳のこどもを保育園に預けています。 保育園の質についてはおおむね満足しています。 他に預けるあてはありません。 今週から、0歳児クラスが3人になりました。 これまで使っていた1階の保育室が小さくなっ… 続きを読む

  • 3月にもご相談させて頂きました。線維筋痛症と抑うつ、睡眠障害で現在も休職中です。管理職を離れ、休職に入って11ヶ月が経ちました。仕事の人間関係や日々のプレッシャーから解放されていると感じる日もあれば、社会復帰が出来るのか不安と焦りが止まらなくなる事の繰り返しで、この休職期間を過ごしてきました。社会… 続きを読む

  • 1歳3ヶ月の男の子ママです。 そして現在妊娠5ヶ月です。 妊娠してから、子供に身体を触られるのが精神的にダメになってしまいました。 卒乳は1歳になる前です。胸なんか特に触ってほしくないです。子供の身体や手が少し触れるだけでも気持ち悪いと思ってしまい、手で払いのけてしまいます。。 小さな手でスリスリ… 続きを読む

  • 育児に疲れました。 1歳3ヶ月の娘をもつ専業主婦の母です。 今日なかなか、いつもの時間に寝てくれなくて、イライラして足とお尻を叩き大泣きし、子供に謝り、それでも寝ないため、おむつをかえ、スリーパーをいつものにし、寝かしつけ、また、泣いて寝ず、またイライラしてしまい、睨みつけ、娘の大事に持っているタ… 続きを読む

  • 7か月の第一子を育てています。フルタイムで復職しており、平日は家事は一切しません。週末、夫は料理、掃除、自分のワイシャツのアイロンがけ、私は3人分の洗濯と皿洗いをし、ふたりで子育てをしています。結婚当初、私に夫のやり方で家事をさせようとしましたが、「それなら自分でやって」と断りました。先日喧嘩にな… 続きを読む